日々是好日


やっと安心できる歯医者に出会う

情報の時代、これほど歯医者選びに苦労するとは思っていませんでした。何をされるかわからず、安心して治療台に座っていられない。恐ろしい時代になったものです。 歯医者難民となり、簡単に流れをまとめました。

************************************************************************************************************************

HPに書いてあるのは患者の歯の健康とか、削らない抜かない、患者の話に耳を傾ける……うんぬん。実際は、削りたい抜きたい、インプラント入れたいが本音。厄介な虫歯や根管治療お断り。「いつもの歯医者」、A、Bと三ヶ所見てもらい、ずっと痛くて噛めなかった奥歯は1年半後、歯根破折で抜歯になる。膿が大量で相当程度、骨が溶けてた。

去年、口の中がお祭り騒ぎになって痛くて食事ができなくなり、「いつもの歯医者」に見放され、歯医者放浪が始まった。

A歯医者:歯根嚢胞を見つけたけど、治療が雑な歯医者。「いつもの歯医者」に骨が溶けてるといわれた右下奥歯のブリッジ部分、判断はつかず。「噛み合わせ」がHPに掲載されていたが、医師一人で切り盛りする一般の歯医者。

B歯医者:根の治療は丁寧だったが、複数の虫歯を見つけられず、お願いしてやっと治療開始。詰め物は歯科衛生士。歯科衛生士は歯の状態に合わせた予防法を教えてくれ、スケーリングが丁寧だが、下手に相談すると歯を削ってしまう。
虫歯は3ヶ月ほどで再発、治療した側の耳の動悸まで始まってしまう。「いつもの歯医者」に骨が溶けてるといわれた右下奥歯のブリッジ部分、判断はつかず、7ヶ月後、第一大臼歯、歯根破折、骨溶解(骨が溶けてることはレントゲンで気づいていたはず…)。歯科衛生士にほぼ任せっぱなしだった歯医者が、インプラント押しに飛んでくる。2本で100万超。

C歯医者(最悪):初診で治療が必要な数カ所を指摘し、よく見ていると感動。歯根破折個所の処理もなんとか無事に終わる。ところが、インプラントを入れる予定のその場所に向かい合った自歯が長いので、削るために歯根を取るという。3本も! 「削らない抜かない治療」で選んだ歯医者なのに(この時点で不信感を持ち、別の歯医者を必死に探すが適当なところが見つからず)、絶句。

すぐに、昨年、B歯医者が歯根嚢胞で治療済みのクラウンを外し、仮歯にする。悩んだあげく、自分の歯の根を抜きたくない、下の歯を入れる隙間がないなら、上顎をあげて作って欲しいとお願いする。正中をとったマウスピースを作り顎の位置は安定したが、それをそのまま使うか、歯をいじるかと聞かれる。マウスピースをはめた時に、この高さでよければ、仮歯の部分にクラウンをはめるっていってたよね? 

それに、痛い歯が3ヶ所あるので、そちらを優先して欲しい! 右下奥歯は2本ないから、左側はいじれないといったが、特に急いで外す必要のない第一大臼歯のクラウンを外される。歯の高さを上げるなら注文住宅のようになるので、銀歯なら4~5万ですむという。虫歯にもなっていない犬歯が、ちょっと欠けているのも問題、こことここも抜いたほうがいいといい出す。

両奥歯が使えず、ますます食事ができなくなった。もう歯医者を変えたくなかったので、意思疎通を図り、治療がうまく進むよう努力してきたが、限界。C歯医者、サイコパスですか?
左奥歯までクラウンを外され、言動不一致の歯医者への不信が最高潮。以前からの歯の痛みもあって眠れず、未明にネットの口コミで選んだ歯医者を予約。翌日、歯科治療の経緯をまとめて持っていく。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

枯れた リパブリックドゥモンマルトル

デルバールのつるバラ、リパブリック・ドゥ・モンマルトル。

20161023-145813-011.jpg

大輪の花なのに、次々に蕾をつけ、この花があるだけで庭が賑やかに感じられたものです。傍を通ると、すーっとバラの香りが漂って、なんともいえない至福を感じます。

20161023-145815-017.jpg

非常に強健で、真冬をのぞいてほとんど咲きっぱなし、病害虫にも強く、手のかからないバラ。いや、手がかかるとすれば、旺盛な生長力のために伸びる枝を絶えず調整しなくてはいけないということくらいでしょうか。

それが、夏が終わって突然枯れました。肥料のやり方がまずかったのかもしれません。

20161023-145813-012.jpg

根元付近の太い枝に、癌腫のような塊ができていました。掘り返しても、根っこは大丈夫だったのに、枝のつけ根が黒くなってしまっていたので、どうにもなりません。

我家の庭の象徴のようなバラが枯れて、とても寂しい景色になりました。もう一度買うかどうか、真剣に悩んでます。

続きを読む
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

いろいろな歯医者

IMG_0705.jpg
(庭で咲かせるのがむずかしいミニガーベラ。花屋でつい買ってしまいます)

皆さんが、歯医者さんを選ぶ基準はなんですか? 何回か通うことを考えて、比較的近所から選ぶことが多いのではないでしょうか。

私もそうでした。行った時の患者数や評判なども加味して、通います。知人や友達同士で集まると、「どこの歯医者に行ってる?」「いい歯医者、知ってる?」という会話が多いです。それだけ、歯医者さんにはこだわりがあるし、気になる場所でもあります。

2015年(去年)、一度にあれだけ歯が痛くならなければ、6年通い続けた歯医者でもよかったのかもしれません。歯医者を変えるタイミングというのがあって、自分の要求や歯の状況と歯医者の言動・方針が違うケースが多いです。

明らかに歯周病なのに、指摘・アドバイスもなく、痛みのある歯も、その下の骨が溶けてる!と驚いた後で、「様子を見ましょう」って……あまりの他人事にびっくりしました。要するに「放置」ってこと。面倒だから、やりたくなかったのかな、とも感じました。
おまけに、歯が痛すぎて、頬まで痛くなったといった答えが「顎関節症」。医師の説明はわかったけど、顎関節症ではないと自分でわかりました(笑) 家に帰って、ネットで調べても、自分は該当しない。

どうも、自分は噛み合わせに問題がある気がする……と、ホームページであたりをつけて、別の歯医者に行ったところ、やはり「顎関節症」はありえないといわれ、レントゲンで確認し、歯の痛みは、すでに神経を取った歯の神経の下の部分が膿んでるからとわかりました。

ところが、その歯医者、HPでは噛み合わせや患者との意思疎通に力を入れていると書いてあるのに、噛み合わせの「か」の字も出ない普通の歯医者だし、治療が、いかにも消耗品をできるだけ使いたくない、これまでに経験したことのないような雑なもので、一気に不安になりました。

そして、治療開始したばかりで別の歯医者に変えました。そこは、歯磨きに対するアドバイスは豊富でしたが、銀の詰め物を入れるのが歯科衛生士で、医師のチェックはありません。定期的なスケーリングの際、久しぶりだからと撮ったレントゲンに映ったのは、奥歯の歯根破折。医師が飛んできて、インプラントを熱心に勧めてきます。その額、2つで100万超え。虫歯治療した歯がその後も痛み、また歯医者を変えることにしました。

虫歯専門や噛み合わせなど、歯科医師には専門があって、残念ながら専門外はわからない、もしくは自分の知っている範囲でやるというのが実態のようです。自分の歯の状態を可能な限り調べて把握し、適した医師を選ぶのが大切とわかっていても、それが一番難しいです。

http://nuinui358.dreamlog.jp/archives/44623960.html
こちらに噛み合わせに詳しい方の記事があります。
現在の歯医者さんはよく話を聞いてくれる人です。ただ、過蓋咬合、咬合拳上については、治療する歯が多く、これまでの噛み合わせ癖もあるため、かなり困難な治療となりそうで二の足を踏んでいるところがあります。粘り強く、理想の状態に持っていきたいです。

天野歯科医院(できれば通いたいですが、遠い!)
悪い噛み合わせによる歯の揺れ(咬合性外傷)
噛み合わせ不適合による歯槽骨溶解の解説が載っています。私のは、まさにこの状態でした。続きを読む
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

猫 侵入防止 廊下内扉

猫はすごい跳躍力のうえに、器用なので、ちょっとドアが開いてると、どこでも入ってしまいますね。

家全部をオープンにしてあげたいけど、抜け毛などの掃除の手間、登って落としてもらいたくないもの、猫にとって危険なものがある……などの理由で、入室を制限している部屋も多いです。

猫を入れないために部屋を閉め切ったら、換気ができず、湿気が溜まってしまうことも。窓も戸も開けられないとなると、家全体の風通しにも影響します。廊下に扉が欲しい。次の目標になりました。

13406852_991770567602768_2739854616513600923_n.jpg

扉のデザインですが、キッチン扉枠内に多用した木の幅では視界が悪く、うっとうしく感じることがありました(特に子猫時代は、それにワイヤーネットをつけていたので、余計のこと、通風や視界が悪かったです)。

ネット検索すると、丸棒を使ったドアを見かけました。これだ! 視界にそこまで「圧」がない。

丸棒なら厚めの枠の途中まで穴を開けて、そこに挿すだけで作るのも楽かも?……(実際は、材の歪みで、強度を高めるための中心の横棒に通すのも難がありました。技術が未熟というだけですが…苦笑)。

2×4材とディアウォールの柱、垂木の枠、余っている1×4材の縦半分を組み合わせたデザインにしました。扉の上は猫が抜けられないように、最初から塞いでしまいます。

丸棒の直径は、垂木の幅を考えて18mmにしました。買う時はその直径でも十分な強度と確認したはずですが、実際枠に埋め込んでみると、猫が頭で分け入ってしまえそうなくらいたわみます。中途半端な強度だと、猫の体を挟み込んで抜け出せなくなる危険があります。

作っている途中でデザインを変更し、縦のサイズちょうど真ん中部分に丸棒を通した横棒を入れて、たわみを防ぎました。中央下には、元野良猫の母猫、ヴィヴィが通るドアを作りました。推定2歳過ぎくらいのヴィヴィは分別があり、部屋を荒らすことはなく、窓から静かに外を眺めていることが多いのです。

猫達、最初は用心して、なかなか猫扉をくぐってくれなくて、扉はムダだったか~と諦めかけましたが、向こう側にある部屋の扉を締めてる夜の間、猫扉の上の方につけたキャッチャーで固定し開けっぱなしにして、通るのに慣れてもらえるようにしました。

IMG_5941.jpg
(こちら側に戻りたい母猫・ヴィヴィ)

IMG_5937.jpg
(うちもあっちに行きたいよ~! と、扉から向こうを眺める茶々)

磁石のロックなしで自由に通れるようにしたかったのですが、茶々が手で開けて入ってしまうため、ヴィヴィが扉の向こうでこっちに来たがっていたら、その扉を開けて通してあげます。母猫が戻るのを、扉のこちら側で子猫二匹が待っていることが多いので、母猫だけ通るように慎重に開けて通します。

ドアの向かって右の反対側にに戸当たりをつけ、当初、枠に使った垂木の歪みで閉まりが悪かったので、メインとサブ、2つの磁石でロックしています(現在は歪みが取れてしっかり閉まるようになりました)。

IMG_6568.jpg
(人の体に登って、あちら側を覗く茶々)
続きを読む
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

猫侵入防止 キッチン間仕切り

わが家の猫対策は、ほぼ、茶々対策と言い換えていいくらい。すばしっこく好奇心旺盛、運動神経抜群のちゃーちゃん。知識もなく、道具もろくに揃っていないのに、この子のためにない知恵を絞り、情報をかき集め、恐る恐る、トライするDIY。

わが家のキッチンは、出入り口が2ヶ所あって、片方にはドアがあるけど、もう一方は開放型。子猫2ヶ月くらいまではダンボールのゲートで防止できたのに、3ヶ月頃には、ちゃーちゃんがダンボールに飛び乗って超えてたので、後の子達が侵入するのは時間の問題でした。

この扉を作るまで、ちゃーちゃんは火のついたガスレンジの脇を歩いたり、冷蔵庫の上がお気に入りなので、そこから物を落としたり、冷蔵庫の脇につけている輪ゴムを食べたり、シェルフの野菜入れに頭を突っ込んだり、気の休まる暇がありませんでした。ただ、一番出入りの激しいところをどうやって塞ぐか。ほんと、悩みました。犬と違って、高さのある場所も平気でひょいひょい登れますから。

IMG_3741のコピー

我慢の限界が過ぎ、ようやく、ラフの設計図を作ってホームセンターのカインズに材料探し。
ネット検索するとダイソーのワイヤーネットを使った簡単なものが多いからその線で行こう。木枠を十字形に組んで隙間にワイヤーネットをつければいいや、それを蝶番でつないで二連にしてキャスターつけて開閉……くらいに考えてました。

ところが、ホームセンターで、材料調達ついでに売り場のお兄さんに相談すると、それは構造的に無理がある!と断言されてしまい、軽い気持ちが吹っ飛び、これはきっちり頑張るしかない…とまずは、ソフトでちまちま設計図を作成。軽く作るつもりが、次々に立ちはだかる壁に、気持ちを持ち上げるのが大変。

設計図を作っている最中に、「それじゃあ猫が登り放題」「片方は、扉が上半分、下半分だけ開くようにして」という家族の要望。いいけど、私にそれが作れるのか? と、作る前から、不安が募り、テンション上がらず。

材料も、ネットでひたすら検索して、どういうパーツがあるのか、取り付け可能なのか、基本の基本がわからず時間がいたずらに過ぎるばかり。

IMG_6561x.jpg

やっとできた設計図を見て、ため息。台所側に、まだ半年ちょっとの子猫が通り抜けられないようにワイヤーネットをはめる予定で、厚みの違う木を前後で微妙に違った奥行きにして組みます。ダボ継ぎや、ネジを隠すためにダボを埋め込むところもあるので、うまくいくか…。

なるだけ厄介な接合を減らすため、木の本数を少なめにしたいという希望と、猫が通り抜けられない隙間の処理で頭を悩ませました。カットのほとんどはホームセンターにしてもらうとしても、うまく接合できるのか。

玄関の脱走防止扉までは、床に新聞紙を敷いてノコを引き、床に広げてボンドつけやネジ締めでした。
でも、今度の扉は木の本数が多く、ネジ打ちもたくさんになるので、ポリカを使った扉のようにはいかなさそう。

IMG_6560.jpg

ということで、まずは、ノコ引きなど、作業用の台(高さ約40cm)を作成(1台目が大活躍したので、2台目も作りました。これは、2台目の設計図)。


木の傷や曲がり、反りに気をつけて買ったものの、なんと家に置いてる間に環境の違いで歪むのですね。ホームセンターの人が教えてくれた時は、変わりやすい木の性質にびっくりでした。
木の歪みが、組み立て時の最大の難関。前後でつける位置を変えているので、間違えないようにテープでマーキング。

IMG_4616.jpg

こればかりやってるわけではなかったので、2週間もかかって、作り終わったのがギリギリ年内の年末。電動ミニドライバーだけでは不安だったので、せっかく買い足したドライバー、トルクが効いてる音を故障と勘違いして使用せず(笑)

間口が狭いので、両脇の柱は、1×4上部に専用アジャスターをつけ、下は滑り止めにゴムを挟んであります。アジャスターは小さいM6ではなく、M8にしてしっかり止めたかったのにカインズに部品がなく断念。

198円の垂木と1×4材、1×4縦半分カット材、ダイソーのワイヤーネット、上下の扉を止めるラッチ、キャスター。今回は上部に当木をつけ、マグネットをドア止めにしました。穴あけに疲れたので、マグネットの台座は焼き杉の柔らかい素材(笑) 技術的にむずかしいところは、長いネジを買ってくるなど、別の方法に切り替えました。

一番上は、燕返しならぬ、猫返し。
ところが、ちゃーちゃん、作った当時、この5cmほどの隙間から一度すり抜けたことがありました。

IMG_4635.jpg

後に扉の歪みを取るために、一度解体して取りつけたら、上下のドアがぶつかったり、ラッチが噛み合わなくなったりで、カンナがけ。木の一部が欠けてしまいました。改良しようとしたのに、多数の不具合発生!(苦笑) この扉の作成過程で、多少のおおらかさを身につけたかも。

IMG_4632.jpg

右と左の扉、垂木の歪みかネジ締めの歪みがあって、閉めても片方が出っ張ってます(笑)。
(数ヶ月後、上下に分かれている、向かって左側の扉、再度取り外して、木の枠組みを解体、ねじ止めし直して再取りつけ。歪みはかなりマシになりました。やり直しするまで数ヶ月要するほど、初心者にはエネルギーの消耗が激しかった作業でした)

IMG_4631.jpg

まぁ、一応、取りつけまでこぎつけ、材料も道具も無駄にせずにすんだ。何より猫が入り込めなくなった〜〜〜!!ので、存在するだけで、よしとすることに(材料はすべて、組み立てる前にニス塗りしています)。

IMG_4633.jpg

猫が下にいても、上を開けてものが渡せるように、上下が分かれて開きます。写真ではわかりませんが、下の部分は隣の扉に着けたマグネットつき木端を回転させてストッパーにします。

IMG_4604x.jpg
(どうやって入ろうか、研究している茶々)
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

歯医者ジプシーの始まり

昨年4月、右下奥歯に痛みを感じ、気がつけば歯全体が痛くなっていた。どこもかしこも痛く、何が起こったのか、理解できないくらいだった。

一時的なものと我慢していたが、痛みが引くどころか、ひどくなり、顎や頬まで痛くなった。觀念してかかりつけ医に予約を取るが、混んでるそうで、診察は1ヶ月半くらい先。早く連絡すればよかったと後悔。1ヶ月経った頃、キャンセルが出てないか連絡したら、空きがあるとのことで診察してもらう。

口の中全体の歯茎が腫れ、歯磨きするたび痛かったのだが、特に右側は、下だけでなく上の歯まで痛くなっていた。かかりつけの歯医者は、頬を押して、顎関節症です、という。上顎の骨の合わせ部分がずれて痛みが出る、とのことだが、メインで痛いのは右下奥歯なんだが。

それで痛みの強い右下奥歯に言及すると、医者はレントゲンを見て「うわー! 顎の骨が溶けてる!」と叫んだのだが、「ここを外して状態が悪いと、ブリッジの奥歯なので2本が使えなくなり、インプラントになってしまう。歯周病で痛いのかもしれないし、しばらく様子を見ましょう」で終わってしまった。

右下の犬歯が倒れてきていて、折れはしないかとずっとハラハラしていたので質問すると、「このままだと折れてしまいます」。ついでのように、「気になるから歯石だけ取ります」といわれ、診察が終わった。

「顎の骨が溶けてるっ!」と驚いていたのに、顎関節症と診断したのに、数少ない、虫歯になっていない犬歯がどんどん倒れて、しかもこのままでは折れるといってるのに、「様子を見ます」でいいの???

……で、いつものネット検索。かかりつけ歯医者への、不信感MAX!!

20150519-002.jpg

子猫が生まれて2ヶ月弱の頃。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

猫 脱走防止扉 再改造

玄関内扉ができて、ほぼ1年。

活発なちゃーちゃんのおかげで、夏頃、内扉の上部を板で塞ぎました。
そのせいで一気に風の通りが悪くなったか、下駄箱の表面にカビが発生していました。

今年は雨が続いたせいでしょうが、拭いても拭いても、すぐにカビてしまうので、ポリカーボネートに通風口をつけることにしました。

IMG_6670.jpg

大きめカッターでポリカーボネートを切り取るのですが、えらくやりづらく、力仕事でした。切り取った隙間の両脇を溝つき板で挟み、1×4材を真ん中に配置します。

木の溝の大きさが4ミリだったので、はめ込むのが至難の技。そのままではうまくいかず、ボンドまでつけたものをいったん取り外して、溝の入り口を彫刻刀で切り広げて再設置。上下にダボを埋め込んでいましたが、木に彫ってある4ミリ溝にはめるのに手一杯だったため、ダボは切り取りました。

IMG_6671.jpg

1×4材はあまりにぴったりだったので、上部のダボ2つだけ残して、下は切り取り。一応ボンドでつけてますが、取れるのが心配なので、両脇の下部にそれぞれ薄い板を貼りつけて、1×4材を挟み込みました。切り取ったポリカーボネートの部分にゴミが入らないよう、蓋をする意味もあります。

濡れた手で新しくできたポリカの隙間に手を出すと、風を感じます。
計画では、真ん中の板を挟んだ上部にも空気の通り道を作る予定でしたが、ポリカーボネートを切るのが大変だったので、この状態で様子を見ることにしました。空気の通りは良くなったかもしれないけど、冬に向けて……寒そう……(苦笑)

昨秋、玄関内扉を作った後、キッチンにも間仕切り作成にも挑みました。
キッチンには危ないものがたくさんあるし、特にちゃーちゃんは、火のついたガスレンジの脇でも平気で通って危険極まりない。衛生的にも問題があるので、間仕切り作るまではストレス溜まって大変でした。

間仕切りは、また、時間を見てアップしますね。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。