カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


根性で咲きました〈ビビ・メイズン〉

この後姿を見て、「あっ!」と声を上げてしまいました。
PB090003.jpg

本来の姿からは、ずいぶん遠いけれど
PB090004.jpg

ミルラの香りを漂わせながら、中央の大きなアイが胸キュンなビビ・メイズン。
PB090005.jpg
やっと、今年、花を見ることができました。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

楽しみにしていたビビ・メイズンが…!

イングリッシュローズのビビ・メイズン、扱いにくいのか、デビッド・オースチン氏のカタログからは消えているようです。
しかし、咲けばピンクのカップ咲き、香り高いバラが楽しめます。
春はゾウムシでせっかくついた蕾が全滅、秋の蕾がふくらんで楽しみにしていたのですが
PA310011.jpg
もうすぐ咲く! というときに、何者かに上部をきれいに切り取られています(泣)

PA310010.jpg
残念ながら、もう咲く気配がありません。花びら同士がぴったりくっついています。がっかり。

*==============================*
それにしても、人の記憶力って(自分の、といった方がいいか(*v_v)…)曖昧ですね。

今年の初春に咲いたクリスマスローズの写真を見ていますが、記憶から消えていた花がたくさん~。どこにしまってあるのか、わからなくなっているものもあります。過去にお気に入りとして記憶されたものも、今見れば「?」なものも。

ふ~~っ。多すぎて、キャパシティオーバーかな。開花前に、ひと整理必要なようです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

夏の斑入りジュビリー・セレブレーション〈イングリッシュローズ〉

夏のジュビリー・セレブレーション、斑入り。斑入り部分を挿し木して育ててます。

P8130005.jpg

花は、普通のジュビリー・セレブレーションと変わりないと思ってましたが、これをみると淡い? 夏だからかな~。パールっぽい、この色合いはとてもきれい。

P8130006.jpg

P8130007.jpg
まだ未熟な株なので、咲かせないほうが良かったんだけど、気づいたら咲いてました~。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

斑入りジュビリー・セレブレーション 〈イングリッシュローズ〉

イギリス、デビッド・オースチン社作出のイングリッシュローズ「ジュビリー・セレブレーション」。
今年、イギリスのエリザベス女王、即位60周年記念式典が大々的に行われましたが、その10年前の50周年を記念して作出されたバラです。
P6140009.jpg
数年前、枝の一部から、斑入りが出現したので挿し木、なんとか成功しました。

挿し木したまま放ったらかしで、小さい枝なので咲かせないほうがいいのですが、
P6230007.jpg

咲かせてしまいました~。
P6230008.jpg
花は、普通ですね。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

斑入りジュビリーセレブレーション<イングリッシュローズ>

バラの新芽も伸びてきました。
イギリス・デビット・オースチンさんが作出したイングリッシュローズ、ジュビリーセレブレーション。2002年、エリザベス女王は、即位50周年を記念して名付けられたバラです。
P3300057.jpg
落ち着いたしっとり系ピンクにオレンジが混じり、心地よい香りと強い四季咲き性を備えています。ガーデニングショウのイメージで、もう少し、オレンジが交じると期待しましたが、ほとんどピンク色でした。そして、高温多湿の日本では花びらがつんつんして咲くことも多く。

沢山の品種のバラ栽培をしましたが、どんどん高温になる日本では、美しい時期は非常に短い期間で、病害虫などで手間もかかるので、だんだん数が減って行きました。反面増えていったのが、手がかからず、自分で交配できるクリスマスローズです。
P3300058.jpg
ある日、ジュビリーセレブレーションの枝に斑入りを発見。その枝を適当に挿しておいたところ、発根、昨年は地震などで放置状態。枯れずにいてくれたので、親株の方は、どなたかわかりませんがご近所さんに持って行っていただきました。

チビ苗なので、これからどうなるかわかりません。花は確か、普通の花でした。

オノリーヌ・ドゥ・ブラバンを抜いた場所から2年後に突然生えていたバラ。根っこか何か残っていたのでしょうか? 今のところ、なんのバラか不明です。
P3220086.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

梅雨の合間のビビ・メイズン

去年、一昨年とずっと花が見られなかったビビ・メイズン。
蕾が付いても雨に当たって、腐ってしまう。

P6260007.jpg

撮影のタイミングも、天気と開花時期となかなか合わず、
やっと撮れた一枚。
次の蕾は水枯れしたのか、いつの間にか腐って茶色くなっていました。

それでも、新しいシュートが出てきてくれただけでもいいかな。
秋には、ブルブルのカップ咲きのお花が見られるでしょうか。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

地植えにしたサマー・ソング

日本の夏が苦手なサマー・ソング、といわれていたのに
鉢植えの時はそれほどダメージを感じずに済んだのですが。

P6300016.jpg

昨年秋、地植えにしてから、すこぶる調子が悪い。
春は新芽が出ず、ここに来てやっと細い枝に1つ蕾がつきました。

P6300017.jpg

季節的なこともあり、カップ咲きのしっとりしたオレンジは見られず。
まぁいいか。
この花の真骨頂は、秋の深いオレンジ色なのです。

P6240001.jpg

同じく不調から復活中のつるバラ、祭り。
日陰に置いてあったためか、ほとんど枯れかけてました。
日当たりに移してすぐシュートが伸びて、花が咲いて。

上品な香りが心地よく、中輪。
ツルはせいぜい伸びて2mくらい。
京成バラ園芸 1994年作出。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。