カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


河本バラ園 ローブ・ア・ラ・フランセーズ

ローブ・ア・ラ・フランセーズ
四季咲きで8~10cm中輪、スプレー咲き。1.5m~2.5mのショートクライマー。微香。
大きな花は苦手なので、中輪以下の花が多いです。枝ぶりは、スーッと伸びるシュラブ系が好きです。

クラシックなピンクメインの花は、カップ咲きからロゼット咲きになり、花の中心がブラウンがかります。
耐病性も強く、樹高が1.5メートルから2.5メートルまでに育つのでフェンス、トレリス仕立ても可能。シュートが良く出て、小枝の先にも花がつく。大野耕生氏により命名されたバラ。名はポンパドゥール婦人のドレスのイメージから。

20150515-034.jpg

2015年の写真。2017年の春はなぜか、一輪も咲きません。

20150515-058.jpg

重ねが多く、優雅でニュアンスのあるバラ。河本バラ園さんのバラは、そういうバラが多いですね。
色合い的に育てるのが難しそうなイメージでしたが、案外良く咲いてくれていました。今年はなぜか不発。回りの生け垣が大きくなりすぎて、日陰になっちゃったかな……。

2013年12月、楽天の日本花卉流通センターから「ラ・ローズ・ドゥ・モリナール」とともに購入。到着後の生育が順調な、なかなか良い苗でした。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

つるバラ ヒストリー

久しぶりの更新になります。皆様、お変わりありませんか。

つい一週間前まで、九州の実家に帰省していました。初めてのレンタカーにオタオタし、高速化した新しい道路=自動車道路にあたふたし……。昔ののどかな田舎はどこかへいってました。

2014年新しい庭に植物を買いまくった年です(遠い目…)。
だんだん記憶も定かでなくなり、花の名前も薄っすらと覚えているようないないような状態なので、記録として残すことにしました。少しずつでも、更新していきたいです。

ピエール・ド・ロンサールに似たこの花、花の大きさはピエール・ド・ロンサールくらいです。ただ、ロンサールと違って内側のピンクがやや濃く、最後まで中央部分の巻きが緩みません。
ドイツ・タンタウ社のヒーロー(HT)の枝変わりのつるバラ 2009年作出。棘が少なく、四季咲き。2~3mのつるになります。微香。写真は、2015年5月のものです。
20150515-063.jpg

ポコッとした大きな花がよく咲いてくれます。わが家は基本、消毒というものをしないので、病害虫に強いバラが残っていきます。

20150515-039.jpg

あまり手のかからないバラです。

20150515-045.jpg

新しい庭になって、もうバラは育てない……つもりが、やはり迎えてしまいました。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

アリスター・ステラグレイ Alister Stella Gray 〈ノワゼット〉

1894年作出  作出国:イギリス  作出者:Alexander Hill Gray

小輪房咲き、強健なツルのノワゼット。「ノワゼット」という響きも好きですが、芳しい香りと繰り返し咲きも魅力的。花の大きさも中輪で、色の変化も楽しめて、ボタンアイときたら、お気に入りに決まってる。このバラの名前の悲しい由来を知っている人には、このバラの持つ陰影というか、変化の儚さが胸にしみるかも。

たおやかな枝ぶりと繊細な花、オールドローズ、好きですねぇ♪ もっとも小さな鉢で育てているので、細枝を保っているのかな。
page_20120701224418.jpg
蕾のたまご色と開花途中の色合い。まるで黄身と白身?

開きたては淡~くオレンジがかっています。この色の変化はあっという間ですが、見てるとワクワクします。
P6250003.jpg

どんどん白っぽく、ふわふわになっていきます。余韻を味わえるバラです。
P6250002.jpg
page_20120701224417.jpg


blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ウェスターランド 〈シュラブローズ〉

1969年 ドイツ Reimer Kordes(コルデス)作出  
交配親 Friedrich Wörlein×Circus

夕日に照らされたウェスターランドは、最高と紹介している本があったけど、強過ぎないオレンジは遠くからでも柔らかく目立つようで、ご近所さんのお気に入り。
P5160006.jpg
上品な良い香りがします。が、トゲが太くて密で、手入れがきついです。

P5160005.jpg
蕾の萼までオレンジに染まったものがあったけど、これは違いますね。

P5160008.jpg
雨で花びらが閉じて見えにくいですが、蕊が覗いた様もなかなかきれいです。

P5250016.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

祭り が開花しました

国際バラとガーデニングショウが始まりましたが、肩の関節炎が治まらないのでとても行ける状態ではないし、庭の作業も遅れているので自宅でバラ鑑賞です。

といっても、手入れができていないので、ゾウムシや芋虫に食べられて、穴だらけで蕾もポロポロ落ちてしまいました。今年はやたらゾウムシの被害が多く、一季咲きのカーディナル・ド・リシュリューが危機(泣)
バラの数も減らしているので、「鑑賞」とまでいえないのが、残念。

P5130006.jpg
祭りは、中輪でツルも2mくらいまで、枝も細めなので扱いやすい品種です。上品な香りもあるので、気に入ってます。

P5130007.jpg
華奢そうですが、意外にゾウムシには強いみたいです。減らしていく場合、香りや返り咲き性、丈夫なのを残していくことになるんでしょうね。

園芸ガイドだったか、図書館で読んだ雑誌に、体力のことを考えてバラを減らした方の記事があり、その人も丈夫なのが残ったといわれてました。肩を痛めてから、健康あってのガーデニングを痛感するので、もう少しシンプルな庭にしようかという思いが強くなります。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

祭とアリスター・ステラ・グレイ <つるバラ>

非常に香りのよいつるバラ、祭。
化粧品に使われるような、ちょっと甘めの上品な香り。
3~6輪の房咲きで半つる性で、低い仕立てに適します。四季咲き性です。フェンス、ポール仕立てに向く。
京成バラ園芸 1994年作出 1995年JRC金賞受賞

花色:黄色と赤色の絞り
花形:丸弁咲き
花弁数:25~30枚
花径:4.5~5.5cm
開花期:四季咲き性(春~秋)
樹高:2m
樹形:ツル性(シュラブ)
香り:微香
用途:トレリス、ポール仕立て、フェンス、シュラブ仕立て、オベリスク仕立て、鉢植え
(園芸ネットより)

P8010020.jpg

肥料を油粕主体のものに変えてから、バラの花つきが良く、
他のバラも2度、3度と繰り返し咲いてくれています。
害虫の被害も少なく、秋の薔薇も楽しみです。

P8010019.jpg

ただ、花型は春・秋に比べたら、いまいちかな。

P7260005.jpg

ノワゼットのアリスター・ステラ・グレイ(Alister Stella Gray)。
1894年 イギリスにて作出   作出者 Alexander Hill Gray

淡い杏色から、白色に変化します。
小輪から中輪で、さわやかな香り。
刺がほとんどなく、しなやかな細い枝。
日陰にも強く、樹勢も強いそうです。

P7260001.jpg

アマチュアバラ愛好家のグレイさんが、バラ作出と同時期に
出産で愛する妻のステラさんを失い、生まれてきた息子のアリスターちゃんと
3人の名前をつけたバラ。
思いのいっぱい詰まった品種です。

★よもやま話★
先日、散歩がてら覗いた近所のバラ御殿のご夫婦に、
中に入って庭を見せていただき、話を伺うことができました。

どれも健康的で、花つき抜群なのに、
無農薬で肥料は米ぬかのみ、ということでした。
ただし、1ヶ月に一度は米ぬかを入れているとのこと。
同じ資材を扱っても、腕が違うと結果が変わるんですねぇ。

また、ピエール・ドゥ・ロンサールに接いだウィーピングローズも、
滝のように咲き誇っていました。
ピエールちゃんが台木になるなんて、考えもつかなかったーと、
びっくりするやら、圧倒されるやら。

宿根草もバランスよく、溶岩で土留めされたり、趣向を凝らした素敵な庭園。
招き入れ、お話までしていただき、ありがとうございました!
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ペネロープ<ハイブリッド・ムスクローズ>

1924年 イギリス J.Pemberton作出
名花オフェーリアの実生。

ペネロープという名前は、
イタリアの叙事詩「イリアス・オデュッセイア」主人公イリアスの妻で、
約20年間数多くの求婚を拒み続けながら、
夫を待ち続けた良妻賢母の典型といわれている婦人の名。

P5130064_20100515171455.jpg

淡いアプリコットの蕾が開くと、あっという間に白っぽい色に変化します。

P5130065.jpg

中輪房咲き、四季咲き性で大変丈夫。
ツルにもなりますが、強剪定で小さく育てることも可。
株を覆うようにたくさん咲く様は見事です。

お気に入りのバラでしたが、今年でお別れするつもり。
なのに、香水のような香りを振りまいて美しく咲いています。

P5130061.jpg

淡いカメオのような色合いのオステオスペルマム、
花の裏側がイエロー。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。