カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


バラ酵母を使ってパンを焼く

バラ<ルイーズ・オディエ、トラディスカント>の花弁を使って、バラ酵母液を作りました。洗った花弁を瓶の半分か、3分の1まで入れて、口いっぱいまで水を足すだけ。1日、2~3回、瓶を上下逆さまにして、蓋を上げてガスを逃してあげます。
P5190016.jpg
最初は白っぽく濁ったようになりますが、だんだんと淡いピンク色を帯び、ピンクローズクオーツのような色になりました。中4日かけて作りました。

P5190017.jpg
中でたくさんの酵母が動いているのがわかります。

本によっては、酵母液からすぐパン作りに入ったりするようですが、よく膨らませるためには、パン種を作った方が安心です。酵母液を作った時と同様、ガラス瓶を熱湯消毒し、地粉100g+バラ酵母液+発酵を抑えるための塩ひとつまみ入れ、一日かけて発酵させます。次の日、同量の材料を入れ、かき混ぜ、山芋のようにトロトロになったら出来上がりです。

一度できたパン種に材料を足したら数時間で倍以上に発酵し、パンが作れる、と書いてあるサイトもありましたが、数時間の発酵では膨らむ力が弱いようです。

P5240007.jpg
気温が上がったら、パン種も本に記載してある量より減らしていいと書いてあり、ネットで知った数時間発酵のパン種を使ってみましたが、発酵力が弱く硬いパンになってしまいました。小麦粉は、北海道産の全粒粉入り地粉なので少し黒っぽいパンです。

残念だったので、さらに丸1日発酵させた規定量のパン種を使って作ってみたら、リンゴ酵母と同じくらいふっくらのパンが出来ました。できたと同時に畑仲間に配ってしまったので、写真がないのが残念です。

バラ酵母を使うと香り高いパンができます。でも、夫はバラを食べてるようでヤダ!なんて、言ってました。お水にバラ酵母液を少し垂らすと、バラの香り水ができます。紅茶に落としたり、お化粧水としてもいいかも♪
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

リンゴ酵母で作ったパン

自家製酵母でパンを焼く―四季おりおり自家製酵母でパンを焼く―四季おりおり
(2004/12)
相田 百合子

商品詳細を見る


↑の本を見ながら、生協のリンゴでリンゴ酵母を作りました。まずは、リンゴに水を入れて液種を作り(5日間)、液種ができたところで、地粉と液種、塩を入れて発酵(4日)させます。
P5120001.jpg
ぷっくぷくに膨らむパン種。酵母の培養です。初めての経験にどっきどき~~♪ 毎日、清潔な道具で撹拌して空気を入れてあげます。

P5150011.jpg
強力粉とパン種などをまぜ、温度管理で二次発酵までさせて半日、ふっくらパンが出来ました。外はパリパリ、中はしっとり、良い感じです。でも、リンゴの味はしないです┐(´-д-`)┌

もちろん、パンをこねたのは夫。私は、酵母作り担当です。腕をたくさん動かすのは無理なので、小物づくりで参加(させられました…(笑))。いやぁ、やればできるものですね。バターなどを入れないパンなので、あっさりして食べやすいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

栗きんとん 作りました

P9110005.jpg
これで、約三分の1の量。

田舎の母から、ダンボール箱いっぱいに栗が届きました。
箱を開けた途端、栗!栗!栗!
一瞬、処理にかかる時間が頭をよぎってゴクッ。。。

栗ご飯にすれば、栗きんとんより楽かなぁ、
と考えたのがまずかった。
下茹でして一番外側の殻を剥き、渋皮を剥く、
この作業は手間と時間がかかり、
特に渋皮は中身に凸凹しながらくっついているので、
剥きにくいです。
たくさん剥いたので、指の皮擦れてしまいました。

しかし、まだまだ栗はたくさんあります。
全体量の三分の一くらい、
栗きんとん用に下茹でした栗と
一晩水につけて加工しやすいようにした栗を
料理の得意な友達にもらってもらいました。
これでちょっと一息。

残りは、先の尖ったところに十字の切れ目を入れて
圧力鍋で茹で栗。
一部を近所の友達に配り、
残りは皮を向いて剥いて栗きんとんにしました(↑写真)。
十字の切れ目を入れて圧力鍋で加圧後10分ほど茹でると、
切れ目を入れた部分から、渋皮まで割にきれいに剥けるので楽でした。

生協の『産直通信』で、生産者の工夫話が載っており、栗は傷みやすいため通常は収穫後に「くん蒸」処理といって、栗の中にいる虫や虫の卵を殺すために、収穫した栗に薬剤を含んだ蒸気を浸透させるのだそうです

生産者にとっては当たり前のことが、消費者には全く意外で驚くことが多いです。(有機農法は、決められた種類の農薬が少ないだけで、それを何度使用しても「有機」になるとか…)
消費者は、食べ物を食べる度に、一体どれだけの薬物を口にしているのでしょうか。(一般的には、800種類もの薬物を取り入れていると言われています…)
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。