ルイ14世(チャイナローズ)とニグレット(HT)

数年前育てていたニグレット。
更に大きくしようと地植えにしたとたん、不調になり枯死。
nigrette16.jpg
<在りし日のニグレット>わかりにくかったので、品種名追加。

この春、かねてから一度育ててみたかったルイ14世をお迎え。
パソコンのデータ整理でニグレットの古い画像を見つけて、
もう一度育てたいものだと思いながら、ネットであれこれ調べていたら、
ニグレットとルイ14世は同品種の疑いと…。

ルイ14世を育てる楽しみが増しました (^-^;
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

先週はずっと庭仕事

P6190004.jpg
派手な作業量になったため、
バラのシュートやイエローラズベリーの枝がボキボキ折れて、
育ち盛りの植物にはかわいそうなことをしました。

庭仕事は、力仕事でもありますね。
夢中で作業しているのですが、ふと疲れを感じた時、
クチナシの甘い香りになぐさめられました。

次々に咲いて、梅雨の曇り空にしっとりとした香りを漂わせています
このクチナシは、2007年には10月も咲いています。
葉も背丈も小型の四季咲き八重クチナシのようです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ローズマリー 白花

去年の冬、近所で見かけた白花ローズマリー。
冬に花が咲くなんていいな~と見ていたら、春にHCで安くで売ってました。
P6200003.jpg
花が好みでも、葉っぱの色が濃く小さいものはあまり実用的ではないので購入しませんが、葉っぱもマリンブルーに似た良い香りと大きさでした。
ローズマリー白花も、タイプはいくつかあるようです。

植え場所が定まらずポット苗のままですが、ツボミらしきものが出現。
見守っていたら、花をつけていました。
P6200004.jpg
白花といっても、淡くラベンダー色がにじみ、スポットも入っています。
花色は季節によって変化するのかな。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

本『つるバラのすべて』村田晴夫 著

庭のイメージを描いたり、実際に庭仕事をして、バラやクレマチスの剪定に改めて疑問を持ったので、村田晴夫さんの本を読んでいます。
P5270008.jpg
<つる、パーペチュアリー・ユアーズ。原種の血が濃いのか、薄い花弁、トゲの多い葉>
誘引も剪定も品種によって異なるそうで、うちでは木バラ状のものが、つるバラとしてふっさり咲いてるページがあります。どういう風に咲かせたいかで、育て方も変わってきます。改めて、バラは奥が深い、と感嘆する始末。

これまでうちにある本といえば、カタログ的なバラの本や雑誌が多く、これまで何をやってきたかと反省しています。もちろん、月々の作業が載っている本もあるのですが、バラの育て方、関わり方が合わないので参考になりません。
P6190013.jpg
<バラの根元を飾るラミウム>
見聞きしたり、ネットの情報を元に作業をしてきましたが、もっと創意工夫して、自分のイメージに近い庭作りをしていきたいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

遅ればせながら庭作り

「妖精の庭」は無理なので、せめて太陽を感じる「ひだまりの庭」としたく、
オレンジと黄色ベースに緑が差し込むイメージ。
P6180001.jpg
<イエローラズベリー>

P6190007.jpg

何という花か、いまだわからず。
P6190008.jpg

年々大きくなる斑入りヒペリカム。
P6190026.jpg

ポリアンサ、レオニー・ラメッシュ。
あちこちネットの画像を見ると、マルゴ・コスターとオレンジマザーズデイと
コロコロと色合いが似ているせいか、混同されている気がする。
P6190022.jpg

昨日はとうとう、十数年ぶりにフェンスに取り付けたトレリスを抜き、設置し直しました。
朝7時半のドクダミ抜きに始まって、月桂樹の剪定、ゴミ出し、トレリス移動、クレマチス移動で6時間思いがけず、大改造になってしまいました

ドクダミの海になっていたところは、フェンス外で私の範疇外ですが、もう我慢ならなくて。

今日もオベリスクを移動させて、トレリスの補強やら誘引やら、小熊笹退治やら。イエローラズベリーをつまみながら、ガサゴソ頑張りました。おろしたてのゴム手袋があちこち裂けて、バラトゲの凄まじさを改めて実感~。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

久しぶりに、ガッツリ庭作り

こんなに腰を入れて、庭仕事をしたのは久しぶり
草むしりに始まって、植物の植え込み、バラの植え込みと進むにつれ、
だんだん庭の大部分を掘り上げる大仕事に発展。
P6040025.jpg
<八重咲きナデシコ グレース クリムソン>昨年近所のHCで。強健・多花性。

大スコップで、ザックザックと穴を掘ってミジンを除き、
ドクダミのランナーを取り去り、
あっという間に大きく育ってしまったローズマリーを抜き、
牛糞堆肥やピートモス、カキ殻石灰のミックス土を入れて土壌改良、
ポットのままだった宿根草やバラなどを植え付けました。

ローズマリーは春から段階的に剪定したものの、
そのままではもっと巨大化しそうだったので、思い切って鉢植えに。
ほんとは庭を掘り返したり、バラの植え付けは冬にすべきことですが、
7月に帰省するので、なるだけ家族の水やりのリスクを減らすため、
鉢植えを減らすことにしました。
(雨の多い梅雨を帰省に選んだのも、植物のため…)

久しぶりに庭全体がさっぱりしました。
まだ本格的にやりたい一角が残っているので、もう一息頑張らないと。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

草むしり

天気の悪い日が続き、庭も雑草が生い茂ったり、
ツルものがグルグル巻きだったり、
梅雨を前にさっぱりさせて、蒸れを防ぐ必要があります。
P6080029.jpg
ドクダミが茎を伸ばして、うっそうとし、花までつけてます。

P5270002.jpg
J家から来たお花たち、かわいく咲いてくれています。
消えないように、汗まみれになって雑草を引き、植える場所を作っています。

P6070016.jpg
写真で見ると、クリスマスローズが傷んでる。
やっぱり、風通しよく、ですね。

過ぎたるは及ばざる如し、を実感する今日この頃。
庭をすっきりさせたい欲望が、湧き湧き湧き
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

サマー・ソング

細い枝の先にこってりした花をつけます。
甘いような、さわやかなような、とても良い香りも特徴。
P5150032.jpg
まん丸に花びらが詰まってます。

P5220037.jpg
開き出すと段々色が淡くなりますが、色が抜けてしまいません。
咲き出しの色は好きだけど、色が抜けて残念なバラも多いのでうれしいです。

P5220035.jpg
直立の枝で管理しやすく、シュートの上がりもよいお気に入りのバラです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

カーディナル・ヒューム Cardinal Hume

そこで登場する、カーディナル・ヒューム。
何で、ハークネス社のバラのカテゴリーがあったんだろ(爆)
P6070010.jpg
昨秋も、春浅い時期にも、ホームセンターで見かけたカーディナル・ヒューム。
バラを増やしてはいけない!と、なんとか通り過ごしてきたのに、
最後の一苗で、バーゲン価格。
バタースコッチの代わりのツルバラを何にしようと思案していたこともあって、
背中を押されてしまいました。

花びらの数は少ないですが、花付き、花持ちよいシュラブ。
こういう花色で四季咲きも珍しく、香りも良いし、丈夫そう。
残り苗で花色は本来のものより明るく淡め、庭を明るくしてくれてます。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

最後のオープンガーデン

デルバールローズ社、ギー・サヴォア。
大きく艶やかなお花でした。
P5200001.jpg

ここ数年、毎年のように寄せていただいていたオープンガーデン。
「妖精の庭」と呼ぶにふさわしい植物たち。
そこにただ居るだけで幸せ、気持ちがほぐれていくのでした。
P5200007_20090611180808.jpg P5200009_20090611180900.jpg P5200011_20090612211829.jpg
P5200022.jpg 
クレマチスとバラを始め、たくさんの植物達が
素晴らしいハーモニーを奏でてお家になじみ、
こんな美しい状態を維持し続けるのは、並大抵の努力ではないと感じます。

P5200018.jpg P5200024.jpg P5200008_20090611181230.jpg
すぐ上3枚目の写真をクリックして大きくすると、ピンクのツルバラの隙間から覗く
シックな赤いバラが見えます。

カーディナル・ヒューム。ずっとオールドローズと勘違いしていましたが、
1984年イギリス、ハークネス社のモダンローズでした!
このバラはずっと前からサイズや色合い、咲き方がイイナ~と思っていましたが、
ここで見てからは、脳裏を離れず…
P5200021.jpg
今回、こちらのオープンガーデンは最後になるというので、
仕事を休んでお邪魔させていただきました。
行き慣れた憧れの「妖精の庭」がなくなるということで、
いよいよ自分の庭をなんとかしようと思いました。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

庭作りのセンス

アブラハム・ダービー。四季咲き性が強く、非常に丈夫。
豊かな花びらの、しっかりした花を咲かせます。
P5190030.jpg

Blogの写真や、他の方の庭を見て…
なんて私は、植物を育てたり、庭作りのセンスがないんだろう、
とつくづく思う。

マメに手を入れなくては、庭は荒れてしまう。
自然流などと、うそぶいていられないのだ。
手入れには、どうしたいのかのイメージがはっきりしていないといけない。
きっとそこが曖昧なのだろう。どうしていいかわからなくなる。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

バラ苗が安い…

フロリバンダのジョージ・バーンズ。しっかりした直立の枝とたくさんのトゲ。
シュートの上がりもいいのですが、フロリバンダ特有の枝振りが残念。
P5190018.jpg
5月、仕事でガーデニングどころではなく、あっという間に過ぎてしまった。
花で一番盛り上がる季節、バラも散ってしまった。

花屋でも当然、いろんな花が出回ったんだろうなぁ。
ここ数日回ってみると、既に夏バージョンの植物だらけになっていた

バラも多品種売られたらしく、売れ残りの苗がバーゲン価格に。
デルバールのナエマやツルバラのマダム・アリフレッド・キャリエール、などなど
魅力的なバラの数々が980円とか480円とか。
さすがに480円まで下がっているバラは傷みが激しいけど、
売り場を去るのに後ろ髪を引かれる思い。
あー、でも、もう無理無理
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

<マトリカリア>ジャック・ポット

P5190012.jpg
分岐の多い、アレンジに向いたマトリカリア。
花びらも小さいながらしっかりしていて、はっきりした筋もあります。
葉っぱの色も、ほんのりブルーがかっています。
Tさんから種をいただいて、何度も種蒔きしたり、人に分けたり。
小さい花ですが、花持ちよく、ジャングルガーデンでも意外に目立っています。

P5190013.jpg

この春の庭は、去年の秋のイメージでは、かなり植物を減らしてすっきり
の予定だったのですが…逆に増えてもっさりしている
バラをちょっと減らした後、
ヘレボルスと植物色々かなり増やしてしまいました。
庭を見て、また溜息の日々。

P5150010.jpg
長く楽しませてもらったバタースコッチとシューネーバルツァーなど、
ラージフラワーのツルバラは、今年限りにしようと思っています。

P5190011.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。