マイヤーレモンとリトルオレンジ

畑やバラ、ビワ、イチジクに気を取られている間に、着々と大きくなってました。

マイヤーレモンは、クリスマスローズ全盛の頃は、隅っこに追いやられてました。だんだん木陰になってきたので、本日久しぶりに日当たりの良い場所へ移動。木陰でもしっかり花を咲かせ、挿し木したチビ苗でさえ、蕾を持っていました。強いんですね!(5月初めの写真)
page_20120629142102.jpg

今はぷっくりとレモンの形にふくらんできています。
P6290012.jpg

四季咲きのせいか、また花が咲きそう。
P6290013.jpg

リトルオレンジも、もりもり蕾がついていましたが
page2.jpg

だいぶ落蕾して、今はほどほどの実つきになっているようです。
P6290014.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ビオレ-・ソリエス、かなり良い感じ 〈イチジク〉

植え替えが終了したビオレ-・ソリエスその後。19日のサイズ。
P6190009.jpg

その4日後。さらに大きくなってます。鉢を持ち上げると、根っこがそこから出かかってます。またもや植え替えないとダメかなぁ。
P6230010.jpg

バナーネ、実つきがいいです。葉っぱごとに実がついて楽しみですが、これもすぐ水涸れして、シナっとなってしまう。鉢増しを考えなくてはいけないか。
P6190006.jpg

お初の着果、ブリジャソット・グリース。酸味と甘味のバランスがよく、美味しいと称賛する人が多いイチジク。これも鉢が小さいんですよねぇ。
P6230009.jpg

フランダース。冬に着いた実が落ちた後、再度着果したのは遅めでしたが、あっという間に大きくなりました。
P6250010.jpg

木が一番大きいのは、ロンド・ボルドー。枝ぶりといい、地植え候補No.1。ヌアール・ドカロンは枝が太すぎで、小枝がほとんど出ていないので難しい。フランダースがもう少し大きくなったら、枝ぶりがはっきりするのですが。2つくらい地植えは可能かな。バラの地植えを減らさないと無理ですが。悩む…。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

大房の収穫 〈ビワ〉

曇りの合間の晴れ間や薄曇り、雨のぱらつく日が続いています。気温のアップダウンも激しいです。初めてのビワの収穫、袋がけしてますが、腐ったりしないか不安な毎日。
P6130003.jpg
妹は子供時代、どこのものか、ビワをよく食べていたようですが、イチジクと同じく、自分でとって食べたことのない私には、食べごろがわかりません。椿の花をもいで、根元の蜜はよく吸ってたんですけどねぇ。←食べ物を食べろ、って感じですね。ワハハ!

P6130004.jpg
サイズはこれくらい。まだ食べられないかなぁ。色合いは、かなりオレンジなので熟れ過ぎても、腐りそうだし。

P6140011.jpg
でもこれは、まだオレンジ色が足りないか…。

ということで、一房に一つなってる実を食べることに。大きさ的には、市販の茂木より大きいですが、庭で見るよりオレンジ色が淡いような?
P6140016.jpg
実は十分柔らかかったけど、まだ完熟じゃなかったみたいで、いくらか酸っぱさが残ってました。もう一息だったか。

P6190012.jpg
19日のビワ。小さい方もだいぶ色が変わって来ました。小さいまま熟れるのかな? 
実も次第に下がリ気味になって、左の大きい方を食べてみました。まだ、完熟ではないような味。まぁ、甘いといえるような。もうちょっと辛抱が必要だったかもしれません。

*===============================*
今日の畑イベント
本当は明日夕方決行の予定だった、ジャガイモ掘り。明日は雨になるかもしれないとのことで、たまたま友人3人集まったので、変更になりました。

生まれて初めての芋掘り体験。畑の学校の教頭先生(畑の借主である友人)のご好意です♪ まだ、緑の葉がついてましたが、色が変わってきた苗をある程度まとめて引き抜き、その下に残された芋を竹べらで掘っていきます。竹べらは、名人・校長先生のSさんご提供です。スコップだと芋を傷つける可能性が高くなるので、竹べらで掬うように掘っていきます。

葉っぱを引き抜くと、根っこに1cmくらいの小さなジャガイモがくっついています。かわいい~ 土の中では、きれいなジャガイモがゴロゴロ、宝探しのようにあちこちに埋まっています。引き抜いた苗の付け根が腐っていたので、教頭先生に見せると、種芋が腐るのだそうです。ほぉ~~

芋掘りイベントを見ていた校長先生も、うちのも掘っていいよ~と声をかけてくださり、掘りたいところを掘ってと謎かけをし、皆、一番自分に近いところから掘りましたが、自分だったら端っこを掘るよ~と教えてくれました。一番陽が当たって、茎も太く育つため、芋も大きく収量も多いのだとか。もうすぐ掘り上げてしまうという大根も掘らせてくださいました。感謝、感謝です

blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

畑の学校

畑経験の少ない私たちが、運良く、畑作り30年以上の名人Sさんの隣に借りられて幸せです。

Sさんは名人ですが、押し付けがましいところがなく、「といわれてるよ」と自分で選択する余地を残して説明してくれます。私たちからも教えてもらってるなどともいいますが、名人の畑の知恵を教えてもらったり、お野菜をいただいてばかりの私たち3人の方が、はるかにお世話になってます。

名人に教えてもらった、トマトの穂木を利用して苗を仕立てる方法。そのまま挿しても根が出る場合がありますが、一番簡単なのは、瓶に入れて発根させる方法。3日くらいで、びっしり根っこが出てきます。
P6190037-vert.jpg

名人のミニトマト「アイコ」(左)と私の「アイコ」「イエローアイコ」(右)。
page_20120621223042.jpg
サイズも全然違いますが、おしりの部分、Sさんのはとんがってるんですね。なんで私のは、丸いのだ? 味は、どちらも甘かったです (^^)

*===============================*
台風一過で、庭の景色が一変していました。オベリスクや倒れたビワを起こし、やれやれ、これくらいでよかった、と胸をなでおろしていました。

がっ、夕方、ネギを採りに行った時、中玉トマトのパティオの太い枝がバッキリ折れているのに気づきました。ビワの田中の陰で、気が付かなかったのですね~。急いで接ぎ木テープで止め、支柱で支えましたが、2本、グラグラになってました。

畑も留められるところは留めたので、見に行かなくていいか、とのんきに構えてましたが、不安になって急いで行ってみました。かなりの風が吹いたようで、ダメージを受けた野菜が、途中の農園でチラチラ。…ちと、不安。

私のエリアは、葉っぱがちょっとよれてるくらいで大丈夫でしたが、友達のSさんのピーマンとつるなしインゲンが倒れてました。ピーマンは起こして、根っこを押さえ安定しましたが、インゲンが起き上がらない。同じ方向にみんな倒れたままです。人の苗なのであまり手出しをすることもできず、家に帰って状況をメール、本人に直してもらうことにしました。
いやぁ、すごい風雨だったのですね! 収穫間際の農家の方達が気の毒になりました。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

大きくなって来ました 〈畑〉※画像多いです

台風、どんどん速度を増して、暴風雨で被害を出してしまいました。でも、速度が速くなって良かった。ゆっくりだと、被害が更に拡大したかもしれません。台風5号も来ているので、地盤が緩んでいるところは十分な注意が必要です。

午前中、畑を見てきました。のどかな田園風景を通り過ぎて、奥に見える鉄塔の下、左側に田んぼ、右側に小川にそって農園がずっと続いています。
P6190013-vert.jpg
水鳥の池から田んぼに遊びに(?)来る水鳥やバリケン。田植えから約2週間で緑の絨毯です。

ずーっと、思い思いの農園が広がります。散歩の人が興味深そうに覗きこんだり、知らない同士声を掛け合ったり、ひとりひとり工夫をこらしてオリジナルなスペースに野菜やお花を育てて、楽しいです。
P6190015.jpg

はい、畑に到着。ナスが、どんどん大きくなってます♪ 恋紫には、ちっちゃな実がついてました。
P6190016.jpg

庄屋大長は、恋紫よりずっと小さかったのですが、少し遅れて大きくなってきています。台風の風で折れないように、支柱の位置を変えてきました。苗が小さいうちは、なるだけ早め、早めに実を取って株を大きくします。大きくなれば、いくらでも採れるようになるそうです(名人談)。
P6190017.jpg

サラダミックス、急に雨が降り始めて慌てて種を蒔いたせいで、どれだけ蒔いたものか、間引いてもなかなか減りません(汗)
P6190018.jpg

名人の畑。スイカの葉っぱが海になってます! もう少ししたら、カラス防止に周りにネットを張るそうです。上には、紐が張られ、100均のカラスが舞っています。
P6190020-vert.jpg
下仁田ネギ。少しの隙間でも、いろんな野菜を作れるという見本かな。さすがに名人、あっという間に大きくなりました。

わが家のトマト。2本仕立てにしたので、なかなか上まで到達しません。トマトはすぐに脇芽が出るので、2日行かないと脇芽が伸びてしまって、カットするのに勇気が入ります。中玉トマトのシンディ・スイートがよく伸びるので、真ん中の畝間を超えて、イエローアイコの横に誘引しました。
P6190019.jpg

アイコ。なんだか乱れた実付き?
P6190024.jpg

中玉トマト、シンディ・スイート、カラスに食べられないよう、排水口のカバーを使ってます。
P6190025.jpg

パプリカ・ホーリーベル、オレンジ。小型のカラーピーマンです。2つ実ってますが、色づくまで時間がかかりそう。
P6190022_20120619154936.jpg

レッド・カラーピーマンのソニア。ソニアは苗が小さいので、大きくなるまで時間がかかります。収穫の状態を見て、来年以降は苗を買うのをやめよう。売ってる苗自体が大きい、ミラクルイエローがいいかも。
P6190023.jpg

苗を買った後の処置(行灯で寒さよけをする&他の野菜同様肥料をやる)が不適切で育ちが悪かったつるなしインゲン。肥料を上げたり、堆肥を鋤き込んでやっと新しい葉(淡い緑色の葉)が展開し始めました。持ち直すまでが、長かった~~。しかし、葉っぱが展開しだすと早いですね。2日とかからず、新しい葉っぱが昔から生えてるみたいになってる。
P6190026_20120619154934.jpg

空いた場所に種蒔いた朝顔、ヘブンリー・ブルー。靴下買ったら、裏山に育ってるとかで、種が入ってました(笑) 双葉が見たことないような形と色合いです。
P6190027.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

九重錦と伊予の薄墨 〈山アジサイ〉

昨日の寒さから、いきなり真夏の暑さになり、感覚が切り替わらずに畑に長袖で行って、汗だくで帰って来ました。田んぼが広がり、空が開けて見晴らしがいい場所。地震雲みたいな名残の雲があり、地震が起きなければいいな~という気持ちがよぎりました。まさか、その数時間後にどん!と揺れるとは、想像できませんでした。

山アジサイの九重錦。涼し気なブルーと斑入りの白い葉がやさしい風情で、やんわりとした空気を作り出します。
P5280025.jpg
右からちょっかいを出しているのは、サラダセロリの花。畑のマルチにしてしまいました。

P5300002.jpg
今年はたくさん咲いたので、ご近所におすそわけして、花が少なめになってしまいました。

伊予の薄墨は、花が咲かない時は、渋めの黄色がかった葉色が特徴です。花も青みのある花色から、オレンジがかった色まで変化しています。なかなか、渋い花です♪
page_20120617221223.jpg

増えすぎたクリスマスローズで、庭はクリスマスローズの葉っぱの海です。来冬は、半分以下に減らしたい。バラももっと減るかもしれません。
とにかく、すっきりさせたい願望が高まってます。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

サンブカス・ブラックレース 〈西洋ニワトコ〉

アップするのに時間がかかってしまい、5月28日の写真ですが、初めて西洋ニワトコの花が咲きました! 蕾を発見してから二十日後です。
P5280029.jpg
満開の花を見て、このまま実がなってくれるといいな~と期待していましたが、雨続きの後で見たら全部花が落ちてしまってました。残念。肥料不足か、水不足だったのでしょうか。

他にも蕾があったのに、咲いたのはこれ1つ。やはり、肥料不足かな。反省。
P5280030.jpg

*==============================*
そうそう、今日、畑でショックなことが…。昨日、中玉トマトのシンディ・スイートがもう少しで赤くなりそうだったので、今日は初収穫するぞ~と張り切って行ったのですが、なんと、半分鳥に食べられた後でした。

側にいた友人も、声が出ず…。低い部分の実は狙われるから、ネットを貼ったほうがいいかも、とアドバイスをくれました。隣の達人も見に来て、いや~ネットより、排水口のゴミ取りをかけておけばいいよ、とのこと。今度こそは、取られないようにしよう。

達人が、半分は食べられるよ♪ というので、家に帰って鳥に食べられた部分をきれいにカット。おぉ~~このトマトは、甘くておいしいです。アイコより、深い甘さ♪ 酸味と甘味の調和が取れてる品種とのことでしたが、酸味はそれほど感じませんでした。次の収穫が楽しみ~。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ビオレ-・ソリエス 〈イチジク〉

ビオレ-・ソリエス(フランスの高級イチジク)
大変良くまとまっている花ひろばさんの記事から
【結果年数】早い(2~3年) 【果実の大きさ】小果50~110g 【平均糖度】とても甘い 18~23度
【収穫時期】8月下旬~11月中旬 秋果専用 【果実の用途】生食、お菓子
【開花時期 芽吹き時期】遅い 5~6月 自家結実性 【植栽適地】北関東~中国・四国・九州
【日照条件】日なた 【樹高】2.5~3m(落葉低木) 【葉張り】3~4m
【仕立て方】一文字仕立て、ゴブレット仕立て、生垣
※ゴブレット仕立て・・・杯状に枝をなるべく横に誘引し、樹冠内部の日当たりを良くする仕立て方。
【育てやすさ】初心者におすすめ; 樹勢強、豊産性、耐暑性強、耐病性強
【観賞価値】果実が美しい
【果樹の用途】果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、生垣、珍しいので自慢できる


4月に買って、そのままになっていたビオレ-・ソリエス。葉の色が黄色っぽくなっていたので、慌てて植え替え。ふと見ると、実がついてふくらんでいました。ビオレ-・ソリエスの実の美しさ、味が良いという噂に惹かれて手に入れただけに、すぐに実がついてうれしい誤算♪
P6040017.jpg

案外大きくなってます。放ったらかしだったのに、申し訳ない~。実がつきにくい品種といわれていますが、鉢が小さくて木が育ちきれない分、実に栄養が回ったのでしょうか。
P6060020.jpg

急に鉢を大きくすると、木に栄養が回って実が落ちてもいけないので、やや大きめの鉢に植え替え。
P6060021.jpg

数日後、他の場所からも小さな実が出ているのを発見~♪ 2つくらいは、味見できそうかな。
P6080003.jpg

フランダース。春一番で出ていた実はいつの間にか落ちてしまいましたが、新たな実が出てきています。
P6040013.jpg

ロンド・ボルドーとヌアール・ド・カロンの挿し木。秋に挿しましたが、イチジクは成功率100%です。1つ友達にあげて喜ばれました。
P6080007.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

大房が色づき始めました 〈ビワ〉

近所で見かけたビワの実が、うっすら黄色に色づいてました。うちのはまだ青いし、ある程度大きくなった後、変化がないなぁと、果樹の本で肥料をやる時期を再チェック。秋にやった後はやる必要がないみたいだけど…?

あっ!! うちは鉢栽培だから、もっとこまめにやらないとダメなのかもと、ネットをチェック。やっぱり、実の大きくなる時期や花咲く時期に肥料をやるようです。大急ぎで、液肥をあげました。
P6080001.jpg
数日後、大房の実が更に大きくなり、黄色味を帯びてきました。一房一個の実は、鉢植えなのに意外に大きいです。さすが大房!

P6080002.jpg
こんな感じに色づいてます。

P6040016.jpg
一方田中はまだ大きくなってる最中でしょうか。樹勢も大房に比べて弱いですから、あまり大きくなれないかな? 味も完熟じゃないと酸味があって、甘くないらしいです。完熟の見極めができるだろうか(汗)
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

畑にメゲメゲ…

畑の小さなスペースを借りて、野菜を育て始めて3ヶ月目に入りました。これだけのスペースですが、庭と違って、土が粘土質だったり、川の近くで強風、乾燥に晒され、未体験のトラブル続出で悪戦苦闘しています。

P5310008.jpg
ミニトマトのアイコ。実はなっていますが、お隣の畑の苗と比べると、ほっそり。パワー不足が否めません。肥料は足りてるはずですが。庭のパティオトマトが青々と茂り、たくさん花芽をつけているのと大違いです。

P5310009.jpg
中玉トマト、シンディ・スイート。実はなるし、脇芽も伸びていますが、やっぱりヒョロヒョロのような?アルカリは強い畑といわれてるので、石灰不足でもなさそうだし。

畑に蒔いた花の種、発芽しにくかったり、発芽しても5cmくらいの高さで花が咲いたり、育ちが悪いです。雑草さえとても小さく、畑の外で育つ雑草のほうがよく育ってます。

地温を上げたり、土の跳ね返りを防ぎ、雑草予防のため、わらを敷きました。空きスペースに蒔いたサラダミックスがアダとなって、きっちりわらが敷きつめられない(笑)
P5310010.jpg

サラダミックスも育ちが遅いです。1ヶ月以上経つのに、ミニサイズのままほとんど変化がありません(泣)
P5310011.jpg

キュウリはようやく実が育ち始めましたが、これも遅いですね~。ツルの伸びも時間がかかってます。家庭菜園の区画がびっちり集まっているエリアなので、いろんな方の野菜を見ることが出来ます。最近植えつけたばかりのキュウリが、あっという間に育って、実をつけているのを見るとやはりここは何か問題があるのでは? と感じます。
P5310012.jpg
キュウリの周りのルッコラは、ようやく収穫できるサイズに育って来ました。これも二十日くらいで育つハーブが1ヶ月以上かかってますから、生育不良のような? 隣の畝の友達の二十日大根も1ヶ月以上かかって、ようやく収穫しましたが、やはり小さめでした。

肥料をあげても、あまり効いてないのはなぜなのかな。ボカシ肥は効き目が出るまで時間がかかるため、液肥をあげましたが、効果を感じません。

雨が降ればドロドロ、ズブズブ、乾くとひび割れる土地です。保肥力、保湿力が弱いように思って、これまで二度バーク堆肥とお馬の堆肥を追加で鋤き込みました。

それでようやく、ルッコラや白なた豆の芽が動いてくれましたが、苗で買ったつるなしインゲンは、実はついてもパラパラで、最後の実は曲って肥料不足のサインだったようです。ほとんど背丈の変わらない株は、買った時についてた大きめの葉が落ち、小さな葉っぱばかりで、ほとんど生長していません。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

クリスマスローズ 〈種取り〉

5月中旬から、いよいよ種がはじけ始めて、石灰沈着性腱板炎で腕が思うように動かせず、とうとう袋がけが間に合わなかった。
P4300046.jpg

花粉つけの時は萌え萌えですが、種ができる頃には情熱も半ば失せ、弾けるままに任せた花も…(汗) クリスマスローズは種が出来る確率が高くて、ひとつの花でもたくさんの種ができます。それを全部植えたら…はい、庭が大変なことになります。

かといって、クリスマスローズ開花全盛の頃は、イメージが膨らんで花粉つけを絞り込むことがなかなかできず。毎年、受粉&発芽後、後悔をするはめになります。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

ウェスターランド 〈シュラブローズ〉

1969年 ドイツ Reimer Kordes(コルデス)作出  
交配親 Friedrich Wörlein×Circus

夕日に照らされたウェスターランドは、最高と紹介している本があったけど、強過ぎないオレンジは遠くからでも柔らかく目立つようで、ご近所さんのお気に入り。
P5160006.jpg
上品な良い香りがします。が、トゲが太くて密で、手入れがきついです。

P5160005.jpg
蕾の萼までオレンジに染まったものがあったけど、これは違いますね。

P5160008.jpg
雨で花びらが閉じて見えにくいですが、蕊が覗いた様もなかなかきれいです。

P5250016.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。