ずっと咲き続ける キャットニップ・レモン

Windows7、立ち上げたのは良いけど、ほとんど動かない。こういう時は再起動…やはり、プログラムの更新が始まる。
…なんと1時間もアップデートにかかってる。あり得ん、Windows!

ハーブのキャットニップ。10年近く前に購入した種を冷蔵庫に入れて保存したものから発芽。うちのニャンコ達に葉っぱを嗅がせるも、反応なし。マタタビより喜ぶ猫もいるというのに。くすん…。
まぁ、人間がハーブティで飲めばいいのよね。あまり好みの匂いじゃないけど。

P8050019.jpg


ハーブとしての効能は、風邪のひき始めや消化不良に良いとされています。眠りにつきやすい効能もあるとされていますが、どうかな。

ハーブってだいたい春に咲いて、その後は葉っぱが茂るという印象ですが、このキャットニップ・レモンは、5月頃に70cm近く伸びて咲いたので短くカットしました。その後、すぐにまた茎が伸びだして、また開花。それを8月まで繰り返しています。予想外に、たくましい植物でした。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

今年は夏野菜、失敗!

毎夏のようにキュウリ、ミニトマトを作っているのですが、いつもうまくいくプランター栽培のキュウリが、3本くらいの収穫でいきなり葉っぱが萎れて枯れてしまいました。

ミニトマトは、花がたくさんつくものの、実成りは今ひとつ。頂上付近の花が枯れ込んで、実がつかない枝があります。

ナスといえば、ゴールデンウイーク後にプランターに植え込み、数週間すると、昼間は萎れ、夜は復活を繰り返し。

P8050002.jpg

あーナスもダメなんだ…と諦めかけたら、梅雨明け後、どんどん育ち始めました。

P8060021.jpg

実も膨らみ始めたので、やれやれ…と胸をなでおろしたところ、今度は実の一部が腐っているのを発見。

キュウリもミニトマトもナスも、今年変えた肥料入り培養土と堆肥のせいかも。どちらも肥料入りなのに、ボカシ肥まで入れてしまって、多肥栽培の症状がでたようです。


近所のホームセンターで6月頃買った黄色のカラーピーマン。やたら大きな株だったので、すぐにでも実がつくかと思いきや、背はズンズン高くなるものの、ついた花がいつの間にか落ちて、一個も実がつかず。

P8060022.jpg

今年は最悪~とため息でましたが、8月に入り、ナスとともにようやく実が膨らみ始めました。ピーマンくらいは、このまま順調に育ってほしいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

暑い中育つ 四季成りレモンとカラマンシー

4月にたくさんの花をつけた四季成りレモン。

去年はもっとたくさんつけたけれど、時期外れに剪定したのが悪かったようで、ほとんどの花が実をつけず、これまでで最小の3個という収穫でした。それでも、実が成ったことに感激しました。

今年はほとんど枝が成長していないので、花が咲いても結実を期待しませんでした。なので、6月、小さい実を見つけた時は飛び上がるほどうれしかったです。
春ほどではないにしても、7月も一部の枝に花がついてました。結実したかどうかは不明ですが、株の負担を減らすために摘蕾すると本には書いてあったような…。

P6180019.jpg

小さくても、ちゃんとレモンの形をしています。
新入りのアレン・ユーレカレモンが2個しか結実せず、最終的に落果、ちょっと寂しい思いをしていたので、救われた思い。

P8070024.jpg

真夏の8月、ここまで大きくなりました。日本で育つブルボン系の品種は、丸っこくなるといいますね。湿度のせいでしょうか。うちでもそうです。

こちらは、チャイナリトルレモン、カラマンシー、四季橘とも呼ばれる東南アジアでメジャーな柑橘。
鉢植えの時は、ほぼ何もしなくてもたくさん実が成ったのに、地植えにしたら葉っぱばっかり茂って、実がほとんど成りません。

P8070025.jpg

これも去年はたくさん花が咲きましたが、剪定ミスで1つも実が成りませんでした。今春は花が1つも咲かず、へそを曲げてるようです。枝のつけ根には白いものが埋まったようにみえるので、肥料が足りないか何かなのでしょうか。

7月、8月にポツリ、ポツリ枝先に花がついて、やっと実を見ることができました! カラマンシーの根本からルドベキア・タカオが大きく育ってしまったので、気温が多少落ち着きしだい鉢上げして、追加の肥料をあげる予定です。

焼き魚に添える柑橘は、カラマンシーが重宝します。皮が薄く利用部位が多いので、半分に切って添えるくらいがちょうどよい量の酸味です。友達も収穫を楽しみにしているので、これからたくさん成ってくれますように。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

真夏のソレイユ・ロマンティカ

夏なのにバラは元気ですね~。シュートを伸ばして、いつの間にか蕾をつけます。

2010年フランス メイアン氏作出のつるバラ。微香、中輪、ロゼット、四季咲き。直立のシュラブ樹形で1.8mほどになります。

同じロマンティカと名のつく木立性の「ベビー・ロマンティカ」と違って、耐病性や耐暑性、耐寒性が強く、低・無農薬でもOKなバラです。ベビー・ロマンティカの方は、夏の暑さが苦手なのか、枝の伸びが悪く、なんとか生きてる状態。

P8050014.jpg

花びらの裏側は黄色。開くに連れ、だんだん薄くなっていきます。
コロリンとした花形と蔓性が気に入って購入したので、そこまで丈夫とは思わず、得した気分です。そのコロコロカップ咲きは、夏は全開で咲くようです。

P8050015.jpg

カップ咲きの開きかけと全開のものを取り合わせて切花にすると、同じ花とは思えない趣があります。

P8050016.jpg

高さ80㎝くらいに伸びたコレオプシスとともに。

P8050017.jpg


奥の方では、気づかないうちに「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」が咲いていました。
ルドベキア・タカオが雑草のように庭中に繁茂して、花を咲かせます。もう少し涼しくなったら、鉢上げして、自治会に寄付する予定です。

P8050013.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

イチジクの収穫

フランス黒イチジクのロンド・ボルドー。皮つきのまま利用します。

ヨーロッパでは、観葉樹としても植えられているとのこと。確かに、かつて育てたイチジクと比べると、枝や葉っぱのバランスが取れて、幹の色がきれいです。葉の切れ込みが深いので、葉が大きくてもそれほど鬱陶しさを感じません。

7月6日頃はまだ実が小さくて青く、収穫はまだまだ先、9月頃かな~とのんびり構えていました。

P7060006_20170807234105c53.jpg

細い枝まで、枝先に向けてびっしり実がついています。
不思議に1本だけ、かなり太いのにまったく実がついていない枝があります。邪魔なので選定しようか迷いましたが、ほとんどの実が収穫終わった後で生ってくるかも…と思うと、切るに切れず。

P7060007.jpg

ところが2日前にふと枝を見上げてみると、真っ黒になって、白い筋の入ったイチジクがいくつもあるではありませんか! さらに細かく枝をチェックすると、鳥に食べられたイチジクまで見つかりました。

P8060023.jpg

これからは鳥とアリとの戦い。鳥より先に収穫し、見落として過熟になり、アリに群がられないように毎日チェックが必要です。後で収穫、なんて思うと、美味しいタイミングを失ってしまいます。雨が降っても果実の質が落ちるし、甘みのボケた味になります。

IMG_8957(2).jpg

しかし、鳥より先に収穫すると若干、甘みのノリが悪い気がします。ジャムのような甘さが特徴なのに、そこまで熟すことができません。追熟という手がありますが、下手にキッチンに置きっぱなしだと、皮が薄くデリケートなロンド・ボルドーはカビてしまいます。
スーパーに並ぶイチジクの品種が限られてくる理由ですね。外皮がしっかりして、日持ちのするイチジクじゃないと輸送に耐えられない。

ロンド・ボルドーはやや小粒の多収の品種で、毎日8~9個は収穫します。とりあえず野菜室に入れ、国産レモンを買って、ジャムでも作ろうかな。赤ワインのコンポートもすごく美味しいですよ♪
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

新しく増やした 挿し木の切花品種たち

届いた時はみんな10cmちょっとの小さな株で、果たして酷暑を乗り切れるのかしらと不安でした。

今年はネット情報を参考に、買ってあった「花の活力剤」を植え替え時に使用、明らかに結果が違いますね~。すぐに新芽やベーサルシュートが出てきました。

IMG_8929.jpg

今は元のサイズの倍以上になっています。ホームセンター カインズで買ってる「軽~い培養土」もバラに合っているようです。

品種は、手前左がクリーム地にピンク絞りの“ミルクシェーキ”、その右がオレンジピンク色の“ブラッドオレンジ+”、その奥右、一番大きな鉢は赤絞り“クレイジートゥ”、その左はカップ咲き黄色の“カタリナ”、その隣マーブルピンク絞りの“リザ”。

IMG_8928.jpg

まだまだ頼りない枝なので、蕾をカット、カット。株を大きくして、花を見るのが楽しみです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

なかなか「当たり」な “オーロラの翼”

網戸の向こうにバッサリと活けてある“オーロラの翼”。見えにくいですが、ちょっと取り出しにくい状態なのでそのまま写しました。
夏で良い花が咲かないからと、いくら蕾を摘み取っても次々に上がってくるので、咲かせています。

IMG_8903.jpg

こうしてみると、ピュアなファンシーピンクの色合いで、もう~かわいいのなんの。蕾はコロンコロンで、外側が淡いグリーンです。

IMG_8902.jpg

花瓶の中、間に孔雀葉シモツケを入れて、枝が浮かないようにしています。

IMG_8901.jpg

雨で蕾のまま腐って落ちた花もいくつかありましたが、10日くらいは咲いた花を少しずつ花瓶に活け、最後にバッサリ切り取ったのがこの写真です。

新しい品種を探す時、“パシュミナ”もいいな~と何度も見てしまいましたが、よく見たら“オーロラの翼”も似た感じのバラでしたね。抜群の花つきで、四季咲き、現在高さが1mくらいに育った大株の“オーロラの翼”。

スリット鉢に入れっ放しで、花壇に置いたまま大きく育ちました。せっかくよく育ってくれたんだから、大事にしなくっちゃ。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。