女ざかり 茶々(ちゃーちゃん) 

2015年3月末に産まれた茶々も、女ざかりの20代。

そのせいか、時間差で産まれたお兄ちゃんのルカは、春になると茶々の首根っこをかんで、上に乗っかろうとして大騒動になります。茶々の激しい拒絶の鳴き声とルカのウ~~~という懇願するような声。

ちゃーちゃんはルカにいじめらていると感じるのか、後で自分より体の大きいルカに馬乗りになり、ルカと同じように首根っこをかんで復讐しています(汗)

IMG_8882.jpg

お腹のハートの毛がセクシー&かわいい♪ 

体のサイズはそれほど大きくなりませんが、産まれた年の写真と比べると、ずいぶんと成長したな~と感じます。

20150519-005.jpg

生後2ヶ月頃。ママのおっぱいを吸い疲れて…。

20150601-102631.jpg

一番最初に産まれ、里子に行ったもこちゃんと。ベビーのちゃーちゃんは、ばんざい寝を良くしてました。

20150519-016.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
  • カテゴリー

ニャンコ、夜の楽しみ

…部屋のぞき…。

わが家では、人間がぐっすり眠るために、ニャンコを寝部屋に入れません。
ルカ…チラッ。。。

IMG_9024.jpg

ママが部屋で何をしてるか、興味津々のルカ。
…ジーーーッ。

IMG_9020.jpg

猫侵入防止のために、最初は締め切っていた和室。冬は寒く、夏は暑い(悲) 

換気のために、手作りのパーティションを作りました。
作った当初は良かったのですが、ニャンコは賢い。
すぐに、隙間から身を乗り出すようにして、人間を観察、呼び出すようになりました。

IMG_9071.jpg

他の猫が和室に入っていれば、なんでうちは入れないの攻撃。

IMG_9059.jpg

気の強い茶々は、隙あらば入ろうと、いつも入れそうな場所を物色しています。
一段目の隙間はからは入れないにゃ…。

IMG_9057.jpg

すごい時は、遠くから助走をつけて、上の段まで一気にジャンプ。一段目とはデザインが違う木枠をすり抜けて入ろうとします。

IMG_9061.jpg

母猫のヴィヴィは、隙間からのぞき込んで、私を呼び、しばらくは、そのそばから離れません。じぃーっと私が部屋から出てくるのをパーティションの下で待っています。ルカは、それを見守っています。

IMG_9013.jpg

パーティションの幅いっぱいまで開けると呼び出されて眠れないので、木枠1つ分の隙間だけ残してドアを締めてみました。

しばらくは大丈夫だったのですが、いつからか、そのわずかな隙間からでものぞけることに気づいて、全開の時と同じようにしがみつき、「にゃ~♪」と、再び主を呼ぶのでした(泣)

庭は庭で、「ギャ~~~ッ!! ギャ~ッ」とけたたましく鳴く、ヒヨドリと毎日イチジクの取り合い。日に何度もやってきて、まだ熟していないものまで喋んでいきます。

1つくらいならいいか、と油断したのがいけなくて、仲間を連れて来るようになりました。スズメバチも飛んでくるし、蚊もいっぱい。ガーデニングも、好きじゃないとやってられないですね。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
  • カテゴリー

茶々 最近のマイブーム

野良母さん・ヴィヴィ、4匹産んだうちの、唯一の短毛ベビー、茶々♀。

IMG_8817.jpg

小顔でお目々クリクリ。茶トラのメスは珍しく、変わり者が多いそうです。
猫の目のすぐ上辺にある、茶色の毛はまつ毛なのかな。

机の上のMacに向かって作業をしていると、右下脇でかわいい「ニャ!」「ミャウ」「ナウ」などの鳴き声で、1日に数回呼びに来ます。

IMG_8918.jpg

ソファーをぐるりと回って、いつもの場所で、「あれ、お願い~♪」という決めポーズ。

IMG_8921.jpg

自分でちょこちょこ向きを変えて、やってもらいたい場所を満遍なくブラシ入れ。
何度かやるうち、人間が飽きて、「はい、終了~~!」

IMG_8923.jpg

終わった後も、しばらく、「もっと、もっと~」と名残惜しそうに動かない茶々(笑)

高いファーミネーター長毛猫用を買いましたが、今はAmazonでプロトリマー推奨の、手頃な価格のものが売られてますね。こっちでもよかったかも…。

ファーミネーターを買う前にノーブランドの安いものをアマゾンで買いましたが、長毛のルカには使い勝手が悪く、結局、買い足しました。短毛の茶々も長毛用のほうが毛がよく取れるようです。


blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
  • カテゴリー

猫の食餌 … トイレと嘔吐との関係

1年くらい前から、トイレでウンチをしなくなったルカ。
長毛なので、お腹に毛が詰まって、トイレをしづらくなったのかな…などと、原因をあれこれ想像しながら、新聞を敷いたり、オマルを使ったりしてました。

オマルでやってくれた期間は意外に短く、新聞紙にも、玄関マットにもせずに、直接床に、ポトン、ポトン…。
トイレの時間が決まっているわけではないので、朝起きて夫のドアの前にしていたら最悪。もっとも、終わった後にドアをガリガリ、終わった、終わった~と引っ掻くので用を足したのはわかります。

明け方だったり、寝る前でも、ものがものだけに片づけないわけにはいかなくて、人間はつらい。

IMG_8844.jpg

ずっと、困った、困ったと思っていたら、先日、ひょこっとトイレにウンチをしていました。ほんとにまれに、トイレでやってくれる。その前の日、ルカにお願いだからトイレでウンチしてね~と抱っこしながらやさしく語った、それを理解したかな?

えらいね~とほめたのはいいのだけど、トイレの傍から廊下に向かって、液状の嘔吐が…。母猫、妹猫の、他の2匹と違い、ルカはよく吐いて、それも心配の種。長毛ゆえの宿命なのか…。

IMG_8845.jpg

と、なんとなく思い続けてきたけど、昨夜、ルカのトイレを見て、あれじゃあ、吐いてしまうかもと気がかりでした。吐き出す前の、お腹に複数回、力を入れた仕草をして、ウンチを出している。それくらい息まないと、便が出ないみたい。

IMG_9016.jpg

あらためて。折々につけている猫日誌をめくると、食餌を変えた時期とトイレでウンチをしなくなった時期が重なっている。子猫が生まれて、1年半くらい猫の食餌をあれこれ試して、ピュリナワンで落ち着いたものの、しだいに食いつきが悪くなり、

ピュリナワン「避妊・去勢した猫の体重ケア」から

 【この製品の特長】
 避妊・去勢した猫を飼うオーナーさんが気になるポイント(ピュリナ調べ)
 ・理想的な体型を維持しづらくなること
 ・太りやすくなること
 ・尿路の健康
 ・毛玉

 <避妊・去勢した猫のための適切な栄養設計>
 ・体重管理
 「ピュリナ ワン 美味を求める成猫用 チキン」よりも約24%低脂肪で、約17%低カロリー設計。

 ・毛玉ケア
 天然の食物繊維を「ピュリナ ワン 美味を求める成猫用チキン」よりも約180%多く配合。 お腹にたまった毛玉を絡め取り、
 便と一緒にしっかり排出。また満腹感の維持もサポート。

 ・尿pHコントロール
 ミネラルバランスの調整により尿pHを弱酸性にコントロールし、下部尿路の健康維持をサポート。


「1歳以上 美味を求める成猫用 チキン」に変更した。

 抜群の美味しさ 味にこだわる愛猫も満足
 マグネシウムコントロール(約0.09%)
 消化吸収性が良い新鮮なチキンが主原料

 【この製品の特長】
 ・抜群の美味しさ
 ・良質で新鮮なチキンの旨み
 ・マグネシウムコントロール

 マグネシウム値を約0.09%にコントロールし、成猫に多いストルバイト尿石が形成しにくいよう配慮。
 健康的な便になるよう配慮
 消化吸収性が良い原材料を配合し、お腹の健康維持と健康的な便をサポート。


上記、製品の特徴を見てわかるとおり、「避妊・去勢した猫の体重ケア」は食物繊維が「美味を求める成猫用」より180%も豊富。「美味」に変えて、ルカちゃんは、極端な便秘になって、2日出ないことも珍しくなくなっていました。

改めて「避妊・去勢した猫の体重ケア」に対するAmazonレビューを見ると、これを食べ始めて吐かなくなったというケースがありました。「3匹とも1週間に一度ほどの嘔吐がなくなった」はインパクトありました。

トイレでウンチしなくなった、よく嘔吐する、なぜだ、なぜだ~といい続けてきたけど、ルカにはその間、すごく苦しい思いをさせてしまったことになります。本当に、ごめんね。


思い起こせば、「…体重ケア」の食いつきが悪くなったのは、あまりに3匹がよく食べるので、個包装ではない、大袋を買ってから。「体重ケア」の前に「美味」もあげたことがあるのだけど、その時は食いつきが今ひとつで、レビューを参考に「体重ケア」に変更したのでした。その後、それに飽きたかと「美味」に変えたら、ものすごい食いつきだったので、そのまま1年経ってしまいました。

レビューには、大袋より、個包装のほうが食いつきがいいと書いてあります。そのせいで、1年前、「体重ケア」の食いつきが悪くなった可能性があります。

大急ぎで、「避妊・去勢した猫の体重ケア」を買って、「美味」に混ぜてみました。いい感じに食べてくれています。ルカの苦しみが減りますように…。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
  • カテゴリー

ずっと咲き続ける キャットニップ・レモン

Windows7、立ち上げたのは良いけど、ほとんど動かない。こういう時は再起動…やはり、プログラムの更新が始まる。
…なんと1時間もアップデートにかかってる。あり得ん、Windows!

ハーブのキャットニップ。10年近く前に購入した種を冷蔵庫に入れて保存したものから発芽。うちのニャンコ達に葉っぱを嗅がせるも、反応なし。マタタビより喜ぶ猫もいるというのに。くすん…。
まぁ、人間がハーブティで飲めばいいのよね。あまり好みの匂いじゃないけど。

P8050019.jpg


ハーブとしての効能は、風邪のひき始めや消化不良に良いとされています。眠りにつきやすい効能もあるとされていますが、どうかな。

ハーブってだいたい春に咲いて、その後は葉っぱが茂るという印象ですが、このキャットニップ・レモンは、5月頃に70cm近く伸びて咲いたので短くカットしました。その後、すぐにまた茎が伸びだして、また開花。それを8月まで繰り返しています。予想外に、たくましい植物でした。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

今年は夏野菜、失敗!

毎夏のようにキュウリ、ミニトマトを作っているのですが、いつもうまくいくプランター栽培のキュウリが、3本くらいの収穫でいきなり葉っぱが萎れて枯れてしまいました。

ミニトマトは、花がたくさんつくものの、実成りは今ひとつ。頂上付近の花が枯れ込んで、実がつかない枝があります。

ナスといえば、ゴールデンウイーク後にプランターに植え込み、数週間すると、昼間は萎れ、夜は復活を繰り返し。

P8050002.jpg

あーナスもダメなんだ…と諦めかけたら、梅雨明け後、どんどん育ち始めました。

P8060021.jpg

実も膨らみ始めたので、やれやれ…と胸をなでおろしたところ、今度は実の一部が腐っているのを発見。

キュウリもミニトマトもナスも、今年変えた肥料入り培養土と堆肥のせいかも。どちらも肥料入りなのに、ボカシ肥まで入れてしまって、多肥栽培の症状がでたようです。


近所のホームセンターで6月頃買った黄色のカラーピーマン。やたら大きな株だったので、すぐにでも実がつくかと思いきや、背はズンズン高くなるものの、ついた花がいつの間にか落ちて、一個も実がつかず。

P8060022.jpg

今年は最悪~とため息でましたが、8月に入り、ナスとともにようやく実が膨らみ始めました。ピーマンくらいは、このまま順調に育ってほしいです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

暑い中育つ 四季成りレモンとカラマンシー

4月にたくさんの花をつけた四季成りレモン。

去年はもっとたくさんつけたけれど、時期外れに剪定したのが悪かったようで、ほとんどの花が実をつけず、これまでで最小の3個という収穫でした。それでも、実が成ったことに感激しました。

今年はほとんど枝が成長していないので、花が咲いても結実を期待しませんでした。なので、6月、小さい実を見つけた時は飛び上がるほどうれしかったです。
春ほどではないにしても、7月も一部の枝に花がついてました。結実したかどうかは不明ですが、株の負担を減らすために摘蕾すると本には書いてあったような…。

P6180019.jpg

小さくても、ちゃんとレモンの形をしています。
新入りのアレン・ユーレカレモンが2個しか結実せず、最終的に落果、ちょっと寂しい思いをしていたので、救われた思い。

P8070024.jpg

真夏の8月、ここまで大きくなりました。日本で育つブルボン系の品種は、丸っこくなるといいますね。湿度のせいでしょうか。うちでもそうです。

こちらは、チャイナリトルレモン、カラマンシー、四季橘とも呼ばれる東南アジアでメジャーな柑橘。
鉢植えの時は、ほぼ何もしなくてもたくさん実が成ったのに、地植えにしたら葉っぱばっかり茂って、実がほとんど成りません。

P8070025.jpg

これも去年はたくさん花が咲きましたが、剪定ミスで1つも実が成りませんでした。今春は花が1つも咲かず、へそを曲げてるようです。枝のつけ根には白いものが埋まったようにみえるので、肥料が足りないか何かなのでしょうか。

7月、8月にポツリ、ポツリ枝先に花がついて、やっと実を見ることができました! カラマンシーの根本からルドベキア・タカオが大きく育ってしまったので、気温が多少落ち着きしだい鉢上げして、追加の肥料をあげる予定です。

焼き魚に添える柑橘は、カラマンシーが重宝します。皮が薄く利用部位が多いので、半分に切って添えるくらいがちょうどよい量の酸味です。友達も収穫を楽しみにしているので、これからたくさん成ってくれますように。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

真夏のソレイユ・ロマンティカ

夏なのにバラは元気ですね~。シュートを伸ばして、いつの間にか蕾をつけます。

2010年フランス メイアン氏作出のつるバラ。微香、中輪、ロゼット、四季咲き。直立のシュラブ樹形で1.8mほどになります。

同じロマンティカと名のつく木立性の「ベビー・ロマンティカ」と違って、耐病性や耐暑性、耐寒性が強く、低・無農薬でもOKなバラです。ベビー・ロマンティカの方は、夏の暑さが苦手なのか、枝の伸びが悪く、なんとか生きてる状態。

P8050014.jpg

花びらの裏側は黄色。開くに連れ、だんだん薄くなっていきます。
コロリンとした花形と蔓性が気に入って購入したので、そこまで丈夫とは思わず、得した気分です。そのコロコロカップ咲きは、夏は全開で咲くようです。

P8050015.jpg

カップ咲きの開きかけと全開のものを取り合わせて切花にすると、同じ花とは思えない趣があります。

P8050016.jpg

高さ80㎝くらいに伸びたコレオプシスとともに。

P8050017.jpg


奥の方では、気づかないうちに「ローブ・ア・ラ・フランセーズ」が咲いていました。
ルドベキア・タカオが雑草のように庭中に繁茂して、花を咲かせます。もう少し涼しくなったら、鉢上げして、自治会に寄付する予定です。

P8050013.jpg
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

イチジクの収穫

フランス黒イチジクのロンド・ボルドー。皮つきのまま利用します。

ヨーロッパでは、観葉樹としても植えられているとのこと。確かに、かつて育てたイチジクと比べると、枝や葉っぱのバランスが取れて、幹の色がきれいです。葉の切れ込みが深いので、葉が大きくてもそれほど鬱陶しさを感じません。

7月6日頃はまだ実が小さくて青く、収穫はまだまだ先、9月頃かな~とのんびり構えていました。

P7060006_20170807234105c53.jpg

細い枝まで、枝先に向けてびっしり実がついています。
不思議に1本だけ、かなり太いのにまったく実がついていない枝があります。邪魔なので選定しようか迷いましたが、ほとんどの実が収穫終わった後で生ってくるかも…と思うと、切るに切れず。

P7060007.jpg

ところが2日前にふと枝を見上げてみると、真っ黒になって、白い筋の入ったイチジクがいくつもあるではありませんか! さらに細かく枝をチェックすると、鳥に食べられたイチジクまで見つかりました。

P8060023.jpg

これからは鳥とアリとの戦い。鳥より先に収穫し、見落として過熟になり、アリに群がられないように毎日チェックが必要です。後で収穫、なんて思うと、美味しいタイミングを失ってしまいます。雨が降っても果実の質が落ちるし、甘みのボケた味になります。

IMG_8957(2).jpg

しかし、鳥より先に収穫すると若干、甘みのノリが悪い気がします。ジャムのような甘さが特徴なのに、そこまで熟すことができません。追熟という手がありますが、下手にキッチンに置きっぱなしだと、皮が薄くデリケートなロンド・ボルドーはカビてしまいます。
スーパーに並ぶイチジクの品種が限られてくる理由ですね。外皮がしっかりして、日持ちのするイチジクじゃないと輸送に耐えられない。

ロンド・ボルドーはやや小粒の多収の品種で、毎日8~9個は収穫します。とりあえず野菜室に入れ、国産レモンを買って、ジャムでも作ろうかな。赤ワインのコンポートもすごく美味しいですよ♪
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

新しく増やした 挿し木の切花品種たち

届いた時はみんな10cmちょっとの小さな株で、果たして酷暑を乗り切れるのかしらと不安でした。

今年はネット情報を参考に、買ってあった「花の活力剤」を植え替え時に使用、明らかに結果が違いますね~。すぐに新芽やベーサルシュートが出てきました。

IMG_8929.jpg

今は元のサイズの倍以上になっています。ホームセンター カインズで買ってる「軽~い培養土」もバラに合っているようです。

品種は、手前左がクリーム地にピンク絞りの“ミルクシェーキ”、その右がオレンジピンク色の“ブラッドオレンジ+”、その奥右、一番大きな鉢は赤絞り“クレイジートゥ”、その左はカップ咲き黄色の“カタリナ”、その隣マーブルピンク絞りの“リザ”。

IMG_8928.jpg

まだまだ頼りない枝なので、蕾をカット、カット。株を大きくして、花を見るのが楽しみです。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

なかなか「当たり」な “オーロラの翼”

網戸の向こうにバッサリと活けてある“オーロラの翼”。見えにくいですが、ちょっと取り出しにくい状態なのでそのまま写しました。
夏で良い花が咲かないからと、いくら蕾を摘み取っても次々に上がってくるので、咲かせています。

IMG_8903.jpg

こうしてみると、ピュアなファンシーピンクの色合いで、もう~かわいいのなんの。蕾はコロンコロンで、外側が淡いグリーンです。

IMG_8902.jpg

花瓶の中、間に孔雀葉シモツケを入れて、枝が浮かないようにしています。

IMG_8901.jpg

雨で蕾のまま腐って落ちた花もいくつかありましたが、10日くらいは咲いた花を少しずつ花瓶に活け、最後にバッサリ切り取ったのがこの写真です。

新しい品種を探す時、“パシュミナ”もいいな~と何度も見てしまいましたが、よく見たら“オーロラの翼”も似た感じのバラでしたね。抜群の花つきで、四季咲き、現在高さが1mくらいに育った大株の“オーロラの翼”。

スリット鉢に入れっ放しで、花壇に置いたまま大きく育ちました。せっかくよく育ってくれたんだから、大事にしなくっちゃ。
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。