家庭菜園の魅力

家庭菜園は一度に同じものができて食べきれず、無駄も多いように感じますが、たっくさんある野菜の種類の中で、自分の食べたい品種を作りたい方法で作れる、という喜びがあります。特に市場に流通しない野菜を育てると、自己満足♪

ナス、恋紫。多産系。これは、育て甲斐があります。次々に収穫、柔らかくて美味しい。
P7050001.jpg

毎日2本くらい収穫。
P7050002.jpg

庄屋大長、縦長に育つはずが横長。花付きはあまり良くありません。
P7050012.jpg
株間に植えてるサラダミックスは、良い感じに大きくなってきてます。

大長は細長く、このままひょろ~~~っと伸びていきます。ほーんとにスリムな実です。葉っぱが大きいだけに、アンバランスで笑えます。
P7050013.jpg

なた豆、花が咲きそうで、咲かない。
P7050014.jpg

トマトは、1つずつ赤くなるので、ちょっとずつしか収穫できません(笑)
P7050007-horz.jpg

パプリカ、ホーリーベル・オレンジもだいぶ大きくなったものの、なかなか色づきません〈左〉。2枚目左のカラーピーマン・ソニア(赤)もようやく実がつき、株もやや大きくなりました。一番果は、株の負担を小さくするため、小さめで収穫。いつの間にかホーリーベルより高く育ってます。
P7050010-horz.jpg

*==============================*
普通なら一つの畝に同じ品種や科のものを植えるのに、間借り組の私たちは、多品種植えるというアブノーマルな育て方。興味をそそられるのか、いろんな方から声をかけられます。

畑の入り口に私の畑仲間が植えてる花に興味を持った方だったり、隣町からの散歩の人だったり。植えた野菜の病気の話から植えてる品種、収穫後の話題、庭で育てている花達のこと、奥様や孫のことまで、実に話題豊富。家庭菜園をやってる方は、特に肥料や植えてる品種が気になるようです。

犬を散歩させる同士で知り合いになる人が多いようですが、同じ趣味を持つという共通点であっという間に繋がってしまうものなんですね~。
関連記事
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。