黒系の苗が危ない!〈クリスマスローズ〉

せっかく年初に近所で出会えた黒系クリスマスローズ。
P3080065.jpg
花形も変わっていて気に入っていた。

ふと気づくと、古葉がなく、新しく出た新葉は、元気がない。札を見てもどの花か思い浮かばなかったくらいだったから、クリスマスローズの季節用に頭が切り替わらないと、気持ちが入らないらしい。
PB210014.jpg
食品添加物に使われている成分入りという病害虫防除の薬や液肥、木酢液をかけてちょっと元気になったけど、一部はしんなりして、新芽が出ても日によってくったりしたりする。

午後、しばらく眺めていたけど、思い切って鉢から抜いてみた。くったりした新葉の根は黒く腐って、ドロドロしていた。根洗いして土と腐った根っこを落とし、新しい用土に植え替え。春の植え替えの際にだいぶほぐしたはずだけど、それから新しい根がほとんど出ていなかったみたい。気難しい個体なのか、暑すぎて育ち切れなかったのか。

用土が合わなかったのかなぁ。悩む! まぁ、完全に腐ってダメになってなかったから良かったか。どうか、これで落ち着いて育ってくれますように~~~。

*===========================*
今日も昨日の続きで植え替えしましたが、昨日の疲れを引きずっているのか、緩慢に作業が進みました。
おまけに、ちょっとした加減を間違えて、アプリ・リバースDDの株分けのはずが茎からグキッと折ってしまい、逆に株が小さくなってしまいました。仕方ないので地上部のない根っこだけを植え込み、折れた茎を挿しておきました。たまに、折れた部分から根っこが出ることがあるので。あーぁ…。
関連記事
blogram投票ボタン にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 応援ありがとうございます♪

この記事へのコメント

momonga">
dimさん
こんばんは!

セミダブルではなかったので、ダブルだと思うのですが、
花びらに特徴がありますね♪
クリスマスローズは、元々ヨーロッパや中央アジアの植物で、
パーティドレスや原種など、日本で育てるには難しい品種があります。

ナーサリーで使う土が泥っぽくて、グレーのドロドロだと、
根づまりしたり、空気を通しにくかったりで、
根っこが腐ったりするようです。
今の季節だったら、根洗いしても大丈夫みたいですよ。

オドルス。
ウーン (Θ_Θ;) 根っこの状態がどうなのでしょうね。
とてもナイーブな状態の時に掘り上げて、せっかくの新芽まで弱ると困るし。
一応、新芽が出てきているということは、その部分の根っこは大丈夫だし、
夏なら怖いけど、これからは生長期なので盛り返してくれたらいいな、
と思います。
マメにやっていますね
momoちゃん こんばんは~☆

ブラックさん、ダブルじゃなそうだけど、花びらがクルリンってなってるね。
いい子って丈夫じゃないのかしら?
根っこを洗うっていうの、私した事ないけど、いいんだ~メモメモ

家は、原種系のオドルスが危ないの。。
少し残ったところから新芽が出てきてるけど、掘りあげるのが怖いのよ。
どうしたらいいかしらね?

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
Top
  • ・管理者ページ
  • ・Welcome to Woodland Witch
  • 現在の閲覧者数:
    (スパムコメントは削除させていただきます)
    blogram投票ボタン



    リンク
    *当blogへリンクしていただいている方へ* Ping送信先に http://www.blogpeople.net/ servlet/weblogUpdates を加えていただくと、助かります。
    いろいろリンク



    ブックオフオンライン



    HonyaClub.com


    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    Oisix(おいしっくす)

    カレンダー
    プロフィール

    momonga

    • Author:momonga
    • 人間修行中。あれも、これもと、狭い庭をより狭くしているのは自分。なんとかしないと…
      *My Main Site*
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    Blogデータ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    サイドバー背後固定表示サンプル

    サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

    広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

    テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。